「世界終焉まで、残り60分。」リアル脱出大迷宮バハムートに参戦!

はい、こんにちは(゚ー゚)ノ
今日はリアルイベントのレポートです。

FF14とスクラップがコラボしたリアル脱出ゲーム「大迷宮バハムートからの脱出」に行ってきました!
公式サイトはコチラ。
リアル脱出ゲーム×FINAL FANTASY XIV 「大迷宮バハムートからの脱出」(公式サイト)

リアル脱出ゲームとはなんぞや?
14とのコラボってどんな感じなの?という方のために簡単にご説明を。画像は公式サイトPVより引用しています。
リアル脱出ゲーム×FINAL FANTASY XIV「大迷宮バハムートからの脱出」PV
「大迷宮バハムートからの脱出」の楽しみ方【リアル脱出ゲーム×FINAL FANTASY XIV】

リアル脱出ゲームとは、実際の建築空間を使って、与えられた謎を解き、閉じ込められた空間からの脱出を図るゲームイベントです。
今回はリアル脱出ファンが楽しみにしているという、全国ZeppツアーにFF14が選ばれました。
ライブハウスの会場、ステージだけではなく、客席や通路、バックヤードまでもがイベントに使われ、参加者はその中をあちこち回って謎を解きます。

今回の「大迷宮バハムートからの脱出」では、まず6人PTを組みます。
これは運営さんから「1番のテーブルに行ってください」などと案内があるので、CFに組み込まれるような感じですね。
PTが組まれたら、それぞれが話し合って好きなジョブを選びます。
今回は狩人やシーフなど、謎のジョブもありましたよ。私はシーフにしてみました。

ジョブはそれぞれ特定のコマンドを使えます。
必要な時が来たと感じたら、そのコマンドを使うことでチェックポイントを通過し、次の謎へ進めるわけですね。

しかもライブハウスが会場なので、オープニングやエンディングなど、カットシーンもスクリーン上映されます。
カヌ・エ・センナ様やメルウィブ提督、ラウバーン、マザークリスタル(ハイデリン)などのオリジナルセリフ入りのカットシーンだけでも見応えがあって、14プレイヤーなら「おおおう」となりますね。

制限時間60分のうちに与えられた謎を「全て」解くことができれば脱出成功となります。
さてさて、どうなりますか。

で、Zepp NAGOYAの会場に行ってみました。
会場の入り口には物販スペースがあって、グッズがいろいろ展示されています。
一応ルームランプも買えるのか聞いてみましたがダメでしたw

こちらはマスコットキーチェーンのガチャ。

運営スタッフ「お連れ様が揃いましたら、こちらに並んでいただき、チケットを装備してお待ち下さい」
我々「そうび」

会場に入ると三人のエオルゼア都市軍事同盟の盟主がお出迎え。これは撮影OKでしたヽ(・∀・)ノ

手荷物はロッカーに預けることもできます。
リュックやショルダーバッグならそのまま動けるので装備したままで大丈夫だと思いますよ。
手提げや重いコートなんかは邪魔になるので預けた方がいいかも。
貴重品でなければ自分のテーブルの下に置いておくこともできます。

参加者の雰囲気はというと。
女性が結構多い!体感で4割くらい女性でした。リアルイベントは女性多いよね。
家族連れも何組かいましたよ。あちこち歩き回るのと謎解きがあるので、小学生高学年以上くらいなら十分戦力として行けるんじゃないかな。
完全に一人だけで何かをやらなければならない場面は無いです。連れの方がサポートできますよ。
名古屋だからか、朝の回だったからかは分からないけど、参加者はキャパの1/3くらいと少なめ?
FF14プレイヤーの割合はそんなに高くはなく、FFが好きという方や、とにかくリアル脱出ゲームのファン!という方が多めな印象。

で、参戦してみての感想。
内容に関するネタバレは書けませんが、予想外に内容が濃かった!
FFシリーズに登場するモンスターもいっぱいで、FF14をプレイしていなければ分からないという問題はありません。
問題の一つ一つはそんなに難しくはなくて、クイズ・パズル好きならサクサク解けるはず。
小学生でもどんどん答えを提案したり、情報を探したりできる感じです。

・・・だがしかし。
クリアしなければならない問題やチェックポイントが多い!
制限時間60分、相当キッチリ進めていかないと時間切れになると思います。
ただ、遅れ気味のパーティにはスクリーンに途中の問題のヒントが示されたりと、超える力も発動します。
全く分からなくて楽しめない!ということは無いようになっているのですね。
(そこでその問題を解いているようでは到底間に合いませんが・・・w)

紙も鉛筆もアイテムも使い、コミュ能力もフルに使い、あっちこっちへ探索を進めていきます。
通過する程度ですが、ステージのバックヤードに入れるのも楽しかったなぁ。
でもゆっくりパネル一枚一枚を眺めている時間が無い!
最後はチーム一丸となって、最後の謎解きを記入し、提出し、結果を待ちます。
提出できるかどうかはチーム次第。うちはなんとか提出までは行けました。

でも結果は脱出失敗!\(^o^)/

最後、謎解きの解説がカットシーンと共に提供されます。
進行の方のトークも上手い!
そして、「ええええ、そんなのもあったのかあああ」となるほど幾重にも練られた謎。
解けたと思っていたのに!というチームも多かったのではないでしょうか。

エンディングのカットシーンもあります。
脱出ゲームのイベントとしてはこういう感じだろうな、という何気ないカットシーンですが、レガシーや14プレイヤーでバハをクリアした人ならいろいろな感慨もあるかもしれません。
ああ、この場面を使ってくれたんだ、と思って泣きそうになるレガシー。いや一般の方には全然泣くような場面じゃないんですがw
スタッフロールには当然FF14の開発&運営チームのお名前も。
河本さんにクスッとなったり、「お、KKも載ってるじゃん!」とニヤニヤしたりw
FFの知識やプレイ経験は無くてもいい、でもあればさらに楽しめるイベントでした。
一緒のパーティの皆さんもとても感じがよく、話しやすい方ばかりで良かったなぁ。
面白かった! んでめっちゃ悔しかった!
・・ちょっと他の脱出ゲームもやってみましょうかねぇ・・。

お土産にコレ買ってきました。
追加で謎解きが付いてるの。今度はゆっくり解くんだ。
脱出失敗シールも。この悔しさをバネにして次回・・次回こそは必ず・・!

名古屋は終了しましたが、全国4都市でまだ次の公演、間に合います。
気になってるんだけどどうしようかな~?という謎解き好きな方はぜひチャレンジしてみてくださいね。
チケットは公式サイトから。コンビニで発券・受取できるのですぐ買えますよ。

©SCRAP All rights reserved.
「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。

スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. XASH より:

    Unknown
    東京ファンフェス一日目の後にオレも初体験しましたけど、
    リアル脱出ゲーム、すごい楽しいですね。
    オレはこういうの向いてないっぽいのでアレですがッ!!

    自分がやった時は、制作者の掌の上で踊ってるだけなんだなあって終わり際に感じました。
    残り時間的に。

  2. Sofia より:

    Unknown
    雰囲気楽しむよりまずは攻略、となりそうなので、
    クリアしたらしたでこんどは中の作りをじっくり
    みたくなりそうです。

    歴代の方の知識がない
    (11と14以外は6で止まってるし忘れてる)
    ですが、基本14の知識がある程度あったら良さそうかな?

    ジョブの役割なんかも気になりますが、
    バランス取れてたらどんなパーティでもいいのかなー。

  3. あるひゃ より:

    Unknown
    >ザッシュさん
    ファンフェスの脱出ゲームはホント羨ましいな~
    もう終わったんだし、内容を公式で配布してくれないかなw
    残り時間の設定はホントに厳しい(`ω´)

    >ソフィアさん
    FFの歴代の知識は特に要らないですよ!
    どれか一つを知ってたら「ほうほうこのモンスターね」ってなりますが、全く知らなくても必要な情報が全部明記されています。

    ジョブはナイト、黒魔、白魔、詩人、シーフ、狩人のカードがあって、それを6人で割り振る感じ。
    ジョブかぶりということにはならないですね。
    各スキルの特徴を活かしたコマンドを持っているので、14プレイヤーにはイメージしやすい点がちょっとだけ有利かも?
    理解する時間を短縮できるから。
    あと30分あれば全てのPTがクリアできるんじゃないかな?という難易度設定は見事だなぁ。

  4. キャス・コッチャ より:

    Unknown
    オリジナルセリフ入りのカットシーン!それは観たい!
    でも、私だと謎解きそっちのけであっちこっちでふぁー!ふぁー!と騒いで役に立たなさそうw

  5. あるひゃ より:

    Unknown
    >キャスさん
    カヌ・エ様が語りかけてくれるよー
    多分騒いでいる暇が無いほどギッリギリだから大丈夫?w
    みんなアワアワしてる間に終わっちゃうw