第59回よしPレターLIVEのおさらい

※画像も文章も大変多くなっておりますので、スマホ等からご覧の方はご注意下さい。

はい、こんにちは。
第59回PLLは、「パッチ5.3実装コンテンツ特集Part2」です。

<動画&フォーラム>
「第59回FFXIVプロデューサーレターLIVE」の動画とまとめを公開! (2020/8/1)
[TEST] FINAL FANTASY XIV Letter from the Producer LIVE Part LIX(公式Twitch テスト放送)
FINAL FANTASY XIV Letter from the Producer LIVE Part LIX(公式Twitch 直前テスト放送・本放送

テスト放送

前日のテスト放送は、お久しぶりなもっちーさん。

実機映像テストでは、吉ララを動かしています。それだけで緊張するらしいw

助っ人が登場しました。
アイテム班の林さんだー。もやしパーカーを着ておるw

4月の緊急事態宣言が出た時、開発のプランナーとしてはパッチ5.3作業の真ん中辺りの作業をしていたそうです。(パッチの内容を)どうしようという話し合いはほとんど終わっていて、これから作業に取り掛かろうかというタイミングで宣言が出て、戸惑いもあったそうですが、なんとか遅れながらもここまで来れたとのこと。
ネットワークの問題も段々と解決されて、在宅でも支障なく開発作業が進められたそうです。

今日のテスト放送は、オペ卓(スライドを進めたり、ワイプ画面を切り替えたりする人)を初めての二人が担当するそうで、そちらの練習も兼ねた入念なテストとなっております。
いずれは本番のPLLも担当することになるのかな? 頑張ってくださいね!

このもやしアート、リードコンセプトアーティスト茂木さんのアートだそうですよ!

スライド練習ついでに、もやし旅を振り返ります。
レベルファイブの日野さんを訪ねていった時のものですね。ということは、妖怪ウォッチコラボの進捗もそろそろ発表されるかな?

これは貴重な一枚になってしまった。

最後はちょこっとフリートーク。

Q:二人の自宅待機期間中はどうだった?
望月
会社にいる時よりも凄く神経使って仕事をします。対面でのコミュニケーションが無くなると、他の人と話す時に「この人が今どういう温度感で話をしているのか」という情報(量)が落ちるのです。
ビデオ通話とかもあるのですが、会議の時はみんな集中して気を張っていても、リラックスしている時に相手が疲れているかどうかがわかるところを、雑談がないのでわからない。
なので、終わると「はー疲れた」って何もせずにいることが多かったですね。


我々開発って、データを作る時、「はい、僕の作ったデータ終わりました」と、FF14の大元側に戻すのですが、その際、ボタンを押すとすぐ戻るわけじゃなくて、3分くらい待ってなきゃいけないんです。開発にいた時って、その間何もできないからタバコ吸ってたの。(今回)家だし、運動不足もあったので、その間ずっと筋トレしてしました。
あとは、時間のかかる料理をたくさんしましたよね。豚の角煮とか、炊飯器や圧力鍋の時短ワザもあるけど、普通の鍋で普通にコトコト煮るのが一番簡単にできますね。トータルで多分太った気がする。

望月
パンを作ったわ、そう言えば。
最初にメオルっぽいパンを作って、その後もう一段階ステップアップできるわと思って、ぶどうパンを作ったんです。ぶどうが密の状態になっているようなパンを思い描いて入れたのに、最初に作ったのは完全にソーシャルディスタンスだったもんね。全然足りなかったの。お話にならないくらい。捏ねてる時にぶどうを捏ねてるくらいじゃないと、ぶどうぎっしりパンにはならないです。
あとは発酵が難しくて、一次発酵と二次発酵ってあるんですけど、どっちかでしくじるともう美味しいパンは作れないです。角煮だと味の調整が後から効くじゃないですか。整えるでしょ。パンの世界に整えるという概念はないです。窯に入れる手前、発酵させすぎると過発酵という状態になって、膨らまないからピザ生地みたいなものしか作れなくなっちゃうんです。ふわふわのパンを作るのは本当に大変なんです。

アニー先輩も交えたZoom飲み会も楽しかったそうですよ。

エオカフェの新メニューお披露目放送の告知もして、テスト放送は終了!

「エオルゼアカフェ コンテスト採用メニュー お披露目生放送」7月30日(木)放送決定! | FINAL FANTASY XIV, The Lodestone
「エオルゼアカフェ コンテスト採用メニュー お披露目生放送」7月30日(木)放送決定!

直前テスト放送

直前テスト放送は、モルボルさん。

青っぽい画面になっていたので、手持ちカメラの方が、色味が健康的だと言われておりました。

本放送

パッチ5.3トレーラー

はい、そうですね。
開幕は当然、パッチ5.3トレーラーです!

もう至る所不穏! 水晶公はどうなってしまうのだろうか。

冒険者2000万人突破

そして、冒険者2000万人突破! おめでとうございますヾ(*´∀`*)ノ
漆黒の辺りから、さらにペースアップしている感がありますね。全世界的なコロナ自粛期間の影響もあったでしょうか。
しかし、吉田P/DのTシャツ(LIES AND TRUTH)も不穏なんですけどw

パッチ5.3実装コンテンツ特集Part2

パッチ5.3実装日

パッチ5.3実装日は、8月11日(火)
今回は、24時間メンテとなりますので、ご注意くださいね。

パッチ5.3実装項目のおさらい

メインクエストのボイス数は、メジャーアップデートとしては過去最大のボリュームとなります!
吉田P/Dは、チェックの度に感情がぐじゃぐじゃになっていたとのこと……。

漆黒決戦ノルヴラントは、ギムリトダークのように、第一世界総決算のようなIDになります。もちろんフェイスに対応しています。

幻討滅戦は、Lv80にシンクされたシヴァ戦。

ロウェナの交換ショップは、そのエリアに即したランクのトークン装備(最強の物)を交換できます。

グループポーズ(フォトモード)

グルポに、ステッカーモードが追加されます。

なんとレイヤーの概念もあるので、このステッカーを一番上に、などの操作が可能です。
吉「フォトショップ開発してんのかい君ら、って感じなんですけど」

各レイヤーは、サイズ、回転、透過、反転も変更可能です。

テンプレートを作って保存することも可能です。
IDクリア記念用、みたいなのを作ると便利そうですね。

水蛇様は海外人気が凄いらしく、スタンプを出しただけで、コメント欄が「SCREEEEEE」の嵐に。

そして気になるのは、吉ララの着ているアロハシャツ! スイカ! フラダンスのエモ!?
シーズナルイベント関連の報酬のようですが……。

スイカじゃなくて、アラガンメロンw

新生エリア フライング対応

新生エリアをフライングマウントで飛び回れるようになります。
風脈解放は、必要ありません
新生のメインクエスト、アルテマウェポン破壊作戦を終えると、フライング可能となります。
水中は潜れません

この機体マウントがカッコイイ。

ガブリエルαという名前のようです。

飛行機に変形して飛びました。

高地ラノシア、ブロンズレイクの湖上も飛べます。

西ザナラーン、足跡の谷です。
懐かしい!旧版の時の風景はこんな感じに見えていて、谷が下の方にあったのでした。
ずっと忘れていたのに、いきなり思い出したレガシー多数。

新生メインクエスト改修

新生のメインクエストはかなり余分な箇所をカットし、短縮させています。
ゲゲルジュさんに関しては、今後のクエストにも大きく関わってくるため、三大珍味のエピソードは残しています。
大幅にカットしたのは、2.1、2.2の辺りのクエストです。(ふっちの偽物サンクレッドの辺り)
砂の家の専用テレポチケットも支給されます。
新生から漆黒までの全てのメインクエストで、経験値の調整がなされ、メインクエストだけやっていてもガンガンレベルが上がるようになっています。
Lv50までのクエスト報酬に、装備を少し追加しています。(サスペンダーにサブリガ、みたいなチグハグな見た目になる箇所)

フリートライアル拡張

現在Lv35まで遊べるフリートライアルは、大幅に拡張されて、Lv60 蒼天のイシュガルド(紅蓮のリベレーターに入る手前)まで遊ぶことが可能になります!
既にスターターパックをご購入の方は、自動的に蒼天のイシュガルドまでのプレイ権が付与されます

ジョブ関連調整

モンク

疾風迅雷が噛み合っていないため、特性にしようと考えていますが、全てのアクションに影響するため、パッチ5.4での大改修を予定しています。
それまでの繋ぎではありますが、パッチ5.3では踏鳴のリキャストを短縮します。
加えて、演武の「壱の型が付与されていないと延長できない」という条件を無くします。

吟遊詩人

複数アクション威力上昇調整を行います。

占星術師

全面的なMPのコスト軽減を行います。
ライトスピードにはMPコスト半減の効果がありますが、詠唱速度を上げたい時とMP回復をさせたい時は必ずしもイコールではないので、ここを分けて、他のアクションにMPが回復するような効果を付与します。
スリーヴドローの効果も調整する予定です。

召喚士

トライディザスターの威力を下方調整します。
スキルローテーションの変更は、今回のタイミングでは行いません。

戦士

シュトルムブレハの効果を維持しやすくなります。

人形タチノ軍事基地

BGMは無く、無音でのスタートです。遠くには堕ちたバンカーが。

どうやらトレーラーにも出てきた、黒いラフレシアのような1ボス。
吉「F91感強い」

落ちたよ(゚д゚)

斎藤さん、ヨコオさんのチェック中、物凄い回数ワイプ(全滅やり直し)したようです。
「コレに触れたら24人全員が死ぬくらいでもいいんじゃないですか」とヨコオさんが言うような何かもあるらしい。
敵のアクションを見る、ということが重要だそうです。

装備のチラ見せ。

オシャレ装備・ハウジングアイテム

ついでに他のチラ見せもあるよ!

これはアロハシャツ。膝上丈のフレアスカートも珍しいのでは?

ヨルハの家具シリーズっぽい。従来の家具シリーズとはグッと雰囲気が異なりますね。

ごろ寝したいマットやクッション。

ビーバーガー! 可愛いけど食べても大丈夫だろうか……。

こちらはたこ焼き! ソースもたっぷり!

ヴィエラとロスガルのマネキン。

休憩

休憩のお供は、アレンジアルバム『JOURNEYS』から。
Keikoさんと祖堅さんの連弾グブラですよ~。

祖堅さんがお父様のラッパを片手に暴れまわるブルートジャスティス!
カッコいいよなぁ。ただのバンドとして音楽番組に出てもいいよなぁ。

蛮族クエスト:ドワーフ族

蛮族クエストの舞台は、レイクランド。オスタル城すぐ北のところに新しく出来た拠点(ワッツハンマー・ガレージ)です。
コルシア島はヨルハで大惨事になるらしく、もうマップのメモリが入り切らないらしいw
可愛く明るいBGMがいいね!

先日吉田P/Dがレターの中でポロリした戦車アート、なんとここの物でした。

いいお話で面白くなっているそうです。
なお、ここでもらえるマウントはまだ紹介はしませんとのこと。吉ララが乗っている機体ではありません。

クラフター&ギャザラー関連アップデート

製作練習システムは、材料を失うことなく、スキル回しの練習をすることができるシステムです。

逆引き検索は、待望の便利機能ですね。

素材の個数計算というのは、中間素材で出来る個数を考慮して、正確な必要最小限の個数を計算してくれる機能です。

ウールドレスグローブを例に取ると、フリース6個で毛糸を作ると、ウールドレスグローブ1個に必要なのは毛糸5個だけなので、毛糸1個が余ります。
ウールドレスグローブを4個作ろうとする場合は、きちんとその余った毛糸も使って計算してくれるということなんですね。

アイテムの自動連続分解が、可能になります。

吉田P/Dの実演が、やっぱりのモモラ・モラ999匹。そういうとこやぞw

ミニオン

プテラノドン。
(やっぱり復興アチブなのかな……?)

漆黒決戦ノルヴラントのボスっぽい話題のあの子。
(女体化って私も書いててごめんなさいw だって服装から推測するしかないやん…)

イシュガルド復興アップデート

職人ランキングの上位に入賞するともらえるアチーブメント・称号は、第一回の物とは異なります。
これを違う物としてとらえて、再びランキングに挑戦するのか、同種の物と考えて、もうランキングのアチーブを取り終えたと解釈するのか、プレイヤーの意見を聞いてみたいとのこと。
事前情報もなく激戦となった、第一回の上位者に敬意を表しての決断となったそうです。

私個人の意見としては、第一回だけ別にしてプレミア感を出すというのはアリかな。
でも今後毎回変えるのであれば、その都度ガチ勢が取りに来ると思いますので、上位のメンバーが変動しにくいかな?とは思いますね。
そして私が万年13位の未来も視える\(^o^)/
ランキングがあと何回あるかはわかりませんが、復興が終わるまでの期間限定コンテンツならば、一度は取りたいアチーブメントですので、毎回称号が変わるとキツイ……。
まぁやるんですけど!

イシュガルド復興でもらえるミニオンはコレ。
もちもちゲイラキャット?

セイブ・ザ・クイーン

南方ボズヤ戦線

5.xシリーズはディープダンジョンが無いので、Lv71以上のレベリングがここでできるようになっています。

南方ボズヤ戦線は、戦果を貯め、レジスタンスランクを上げて、最終的に帝国の砦、カストルム・ラクスリトレを落とすバトルコンテンツです。

戦果を得られるのは、スカーミッシュクリティカルエンゲージメントのみ。
フィールドのザコ敵を倒しても、戦果は得られないので注意です。

ボズヤも、エウレカ同様、蘇生をもらえれば大丈夫ですが、デジョンするとデスペナがありますよ。

スカーミッシュ

スカーミッシュはFATEです。
吉「なんでFATEって言わないんだよって言われたらま、そうなんですけど、カッコいいでしょう!スカーミッシュの方が!」

クリティカルエンゲージメント

敵が大きいな。範囲攻撃だらけ。

流れはこのようになっています。

クリティカルエンゲージメントの中には、「一騎打ち」というものが存在します。

これはその前哨戦となるクリティカルエンゲージメントがあり、その中で例えば「一度もAOE(範囲攻撃)を踏んでいない」など、いくつかの条件を満たす人の中から選ばれたプレイヤーが、敵将と一対一で戦うというコンテンツです。
条件を満たすプレイヤーが複数いた場合は、その複数名に招待メッセージが飛び、その中から一人が入れる、ということのようです。(辞退も可能)

タンクの方が有利なんじゃね?と思われるかと思いますが、ロストアクションというボズヤ独自のアクションを駆使することで、ジョブ差をカバーすることができます。
開発のコンテンツ班の人が挑戦した時は、ロストアクションを準備していたにも関わらず、12秒ほどで死んだそうです。

なんか、絶討滅戦のワールドファーストを配信するプレイヤーと視聴者をゲーム内で再現したみたいな感じですねw
観戦楽しそう!

 
こちらは砦を攻めるクリティカルエンゲージメント。

 

クリティカルエンゲージメントの参加は、希望者が多い場合は抽選になりますが、湧かせ民は優先されます。

ロストアクション

エウレカ同様、この中でのみ使える、ロストアクションというものが存在します。
ロストシャードロックボックスは、ザコ敵からもスカーミッシュからもクリティカルエンゲージメントからも出ます。

実機映像

突入はガンゴッシュから。
ここで詳細な説明も聞くことができますよ。

ボズヤ内部のエーテライト。

レジスタンスランクを上げる時はこのNPCのところへ。
ランクは自動的に上がるわけではありませんので注意です。

ロストアクションを確認するのは、ロストホルダーから。

ロストアクションは、エウレカの時よりも、機能ごとに整理されて見やすくなっています。

レジスタンスウェポン

レジスタンスウェポンの強化アイテムは、ボズヤ内部と外のコンテンツ、両方で入手可能です。(詩学ではありません)
効率はほんの少しだけ違います。

その他

戦果記録帳」というものがあって、ボズヤの中に登場し、クリティカルエンゲージメントを一緒に戦ってくれる召喚士などの名だたるNPCと関わりを持つと、読み物が開いていきます。
これが読み物として面白いです。(松野さんに)物凄い量のテキストを書いていただきました。

ボズヤで得られるマウントの一つは、労働14号。

クリティカルエンゲージメントとも、スカーミッシュとも違う「レアモンスター」という要素もあります。

こちらはボズヤでもらえるレジスタンス装備。渋め。
ゆくゆくは染色も可能になるみたい。

妖怪ウォッチコラボ

突然、日野さんからのビデオレターが届きました。ステキなオフィスですね~。

はい、妖怪ウォッチコラボ、再びやります!

新たに追加される4ジョブ武器

ガンブレイカーは、エンマ!

ミニオンもありますよ。めっちゃ煽ってるw

侍は、ぬらりひょん!

もはやどちらがミニオンなのかわからなくなる等身感。

赤魔道士は、カイラ!
今回はイケメン枠多いなぁ。

踊り子は、百鬼姫!

そして、全てのジョブ武器を集めるともらえる(らしい)マウントは、ジバニャンのソファー!

こんなものがファイナルファンタジーの空を飛んでいていいのだろうかと日野さんまでもが言うくらい、目立つ目立つw

既存のジョブ武器

これまでのコラボで得られたジョブ武器も、おさらいしておきましょう。
もちろん、今回のコラボでも取ることができますよ!

前回、最後までプレイヤーを苦しめた光るウィスパー号。
このコラボ、FATEで落ちるメダルが必要になるのですが、どんどん必要メダル数が多くなるという地獄のような内容で、時間が足りずに脱落したプレイヤーも多かったのです。

今回、FATEの必要数は若干少なめになったとか。4ジョブ分増えてますしね。

ワイワイ学園もよろしくねー。

シーズナルイベントスケジュール

そして、まさかのシーズナルイベントだけでもギッチギチのスケジュール!
5.3のコンテンツも盛り盛りなのに、全部こなせるのだろうか……w
今年は守護天節はありません。その代わり、守護天節用に作っていたコンテンツをゴールドソーサーフェスに組み込みました。

紅蓮祭も発表になりましたね。フラダンスのエモはここだ。あれ、スイカとアロハはどこ……?

紅蓮祭 2020 | FINAL FANTASY XIV, The Lodestone
開催期間 / 2020年8月12日(水)17:00頃 ~ 8月26日(水)23:59頃

お知らせコーナー

ファンフェスティバル開催について

名古屋のファンフェスは中止の決定が下されました。
ただ、別の形・別の時間での「みんなが笑顔になれるファンフェス」の企画は進行中とのことで、そちらの続報を待ちたいと思います。

吉田
ここでロスするお金って、そんな額が大きいとか小さいとかじゃなくて、FF14全体で見れば仕方のないことだと思うんですね。この状況だと。
それより、みんなが楽しめない事の方が……。「うわ、それでやんの?」みたいな気分になるので。
やっぱり楽しめるってことが最大。例えそれがオンライン開催とかになって、モニタの向こうでみんながゲラゲラ笑ってる、でもいいんですよ。あと参加してる感覚をどうやって作ってもらおうかとか。いろんなことを考えてるので、ファンフェスが無くなるわけじゃないと思ってお待ちいただければと思います。

パッチノート朗読会

今回は、24時間メンテなので、前日の夜ですよー。

ゲームプレイ生放送のご紹介

Twitch
Twitch is the world's leading video platform and community for gamers.

ハイデリン探検隊の英語は「ハイデリンどうでしょう」ですねw

5.3以降は公式キャラクターの名前の前にメテオマークが付くので、本物かどうかはすぐわかるようになるそうです。

漆黒秘話

5.3のメインクエストを終えた辺りで、また秘話が投下されるようですよ……。

フィギュア

ブリングアーツ ヤ・シュトラ

ヤ・シュトラの予約受付は、終了となりました。

マイスタークオリティ オメガ

そして、いきなり発表されたのが、オメガのマイスタークオリティフィギュア!

三位一体となった、オメガの再現度が凄い!

Mちゃんの目が、天野さんのキャラクターを立体に起こしたとすぐわかるクオリティ。強い。

Fちゃんの肌の質感や髪の流れも素晴らしい。

オメガのいぶし銀には相当こだわったらしい。

Fちゃんの背中も見て見て! 美しいなぁ……。冷たい表情のFちゃんだけど、大きなリボンが可愛いんだよね。

エモート「オメガの構え」って、下のオメガの ┌(┌^o^)┐ コレかなと思ったんですけど、Fちゃんのこのポーズらしいです。

終電前にソワソワとオメガを見に来たなっちゃん(石川さん)が「やったぁあー」って持っていきましたw
このフィギュアはいいですね! 普段フィギュアを全く買わない私が欲しいと思ってしまった……。

リミックスアルバム

FF14初のリミックスアルバムが発売されます。
グルグ火山やアニドラスの作曲も手掛けた新卒の担当者が、かなり頑張っているらしい。先々楽しみですねぇ。
アーモロートディスコもいいカンジ。

PVはコチラ。

【Amazon.co.jp限定】Pulse: FINAL FANTASY XIV Remix Album (メガジャケ付)
 

お知らせコーナーはここまで!

締めの挨拶

吉田P/Dの締めくくりの言葉は、ポジティブなものでした。

吉田
これまでパッチに関して、ここまで大きなスケジュールのズレっていうのは無かったのは事実で、蒼天のイシュガルドの時に「お前らの春はいつだ」みたいなのはありましたけれど、理由が理由とは言え、個人的にやきもきした期間ではありました。
でも、じゃあみんなの精神状態や健康を害してまで作ったゲームに魂って宿るのかな、とか。やっぱり楽しく健やかに……、まぁゲームの開発ってゴールが無いと言うか、答えが無いから、「面白くなるんだったらやりますよ!」みたいな時はもちろんあり、それを望んでやる人が多いのもFF14チームではあるんですが。
苦渋の決断ではあったのですが、率直にプレイヤーの皆さんにお知らせしたら、「そんなのいつまででも待てるから」と。そりゃパッチが出るに越したことはないんですけれど。改めて新生から7年、旧FF14からそろそろ10年、この状況ですけど、あの時FF14という仕事を「俺が受けます」って言って良かったな、と。いろいろ大変だったし、今も大変なんですけど、続けてきて良かったなって逆に思わせてもらったタイミングでした。
それら、僕らの思いも全部5.3に詰め込んだので、ファンフェスの締めみたいになっちゃうんですけど、これからも躓く時もあれば突き抜ける時もあると思うんですけど、清濁全部飲み込んでまた突っ走っていこうと思うので、ぜひ皆さんパッチ5.3『漆黒のヴィランズ』の完結を、その目に、その耳に、その心に焼き付けて、さてその先どうなるのかというのを楽しみにお待ちいただけたらなと思っております。

 

今回のPLLは以上! お疲れ様でしたー。

これまでのPLLまとめはコチラ。

PLLまとめ
PLL(FFXIVプロデューサーレターLIVE)の紹介記事一覧。基調講演や出張レターLIVEなども。
FF14グッズ紹介
FINAL FANTASY XIV(ファイナルファンタジー14)関連グッズの紹介ページ。ゲーム、本・雑誌、音楽・映像など。

コメント

スポンサーリンク