【5.0】ヒントトークセレクション ミンフィリア

※この記事にはパッチ5.0のメインクエストのネタバレが含まれております。ご注意ください。

はい、こんにちは。
5.0メインクエストの膨大なヒントトークフォルダから、今日はミンフィリアのヒントトークセレクションをお届けします。
金髪碧眼を持つ謎の少女ミンフィリア。
彼女の成長と決断はこのメインクエストの主軸の一つでした。
懸命に頑張る姿が健気で可愛くて、サンクレッドやウリエンジェだけではなく、ついついこちらまで親のような気持ちになってしまいました。

冒険の紀行録から見直すことのできるカットシーンや、エンディングを迎えた後のヒントトークは皆さんも見返すことができると思いますので、省略しています。

Lv72 イル・メグ

ウリエンジェを頼って訪れた妖精郷。
出会ったばかりの少女に大きなミンフィリアのことを聞いてみても、よくわからないようです。

サンクレッドの指示した草を探すミンフィリア。
ウリエンジェにいろいろ教えてもらったのですね。

妖精郷イル・メグでの注意事項を教えてくれました。ほうほう。

ミンフィリアのジョブは「光の巫女」ですが、扱うのは短剣。
かつて、原初世界のミンフィリアも、サンクレッドから18歳の誕生日に護身用のミスリルナイフを贈られているのです。
非力な少女には向いていますし、サンクレッドは魔法を教えてやることができませんしね。

Lv73 ドォーヌ・メグ、イル・メグ

水の中に入ったはずなのに、目の前に広がるのはお花畑と芝生の小道。

何にでも興味津々。

サンクレッドには怒られたけど、ここ可愛かったw

一つ一つ歓声をあげてくれるので、守る側もほっこり(*´ω`*)
ミンフィリアが幽閉されていた部屋には大きな本棚があったようですし、ウリエンジェのところでもお気に入りの本がありました。
おとぎ話を読みながらあれこれと空想していた世界を、自分の目で見る驚きはどれほどだったでしょう。

慎重派。

肩に力が入っている若葉ちゃんという感じ。

決意を新たにするのでした。

Lv74 クリスタリウム、レイクランド

自分の存在があちこちに影響を及ぼしているのだと、気付いて心を痛めているのがつらい。

ミンフィリアはアシエンに会うのは初めてのようです。

ヤ・シュトラに会うのも初めてのようです。

ここのセリフがずっと気になっているんですよ。
光耀教会のかわいい窓を見てみたくてあちこち探しているんだけど、どれだろう…。

いやもう私に見せようとしてくれるミンフィリアの方がかわいいんですけれども。

なのに辿り着いたのは地下教会で窓がなーいw

※追記※
などと書いておりましたところ、きゃすさんから四つ丸の明かり採り部分ではないか?とのリプライをいただきました。なるほどおおお!
ミンフィリアが見たのはヴォレクドルフの教会の可能性が高いでしょうし、この困り顔みたいなのがかわいかったのかな?
きゃすさん、ありがとうございます!

 

Lv74 ラケティカ大森林

サンクレッドは相当懲りたんだな…w

砦を調べるミンフィリア。

その通りなんですよ。

スリザーバウの挨拶「アジントタ」。
今までほとんど他のヒトと交流することのなかったミンフィリアが、少しずつ世界を広げていきます。

二人ではぐれ罪喰いを倒しにお散歩。

葬儀も初めて見る行事だったのかもしれないな。

ウリエンジェはちょいちょい要らん事言うw

ファノヴの里に到着。

種族が変わると怖いだろうな。ヴィエラは背が高いし。

受け継がれていくものに思いを馳せます。

Lv75 キタンナ神影洞、ラケティカ大森林

そうか、蛮神を知らないんだもんね。

Lv76 レイクランド、クリスタリウム

ありゃ。

自分のいるべき場所について、迷い始めました。
疑問を持ち始めること、それこそが成長の証でもあるのですが。

サンクレッドに頼まれて、ミンフィリアをお迎えに。

なんでも自分が背負っちゃうと大変だよ。

Lv76 アム・アレーン

進むのがつらい…。

ガリク村でも頑張ります。

時折、心ここにあらずになることも。

旅を重ねることで、少しずつ周りが見えるようになってきました。

葛藤とひたむきな思いとが入り混じって。

 

 

ナバスアレンに着いた時には二人きり。

ようやく迷いがふっきれたようです。

ミンフィリアとの邂逅を終えて。
髪の色・目の色が、本来の彼女のものになったようです。

そして彼女は、サンクレッドから「リーン(祝福)」という名をもらいました。

光の巫女の力が強化されたので、私の身体の異変にも気付くようになりました。

Lv77 マリカの大井戸

光センサー:リーン。

サンクレッドも、もう苛ついたりしません。

アム・アレーンにも闇を取り戻せました。

Lv77 コルシア島、ユールモア

ユールモアに幽閉されていたリーンは、自分で口にした言葉の意味に気付いていたはず。

戦闘後、ヴァウスリーのかけた術を解除して回る姿が。

Lv78 コルシア島

観察眼は鋭いですね。

でも高所恐怖症だった…。
あんな剥き出しのリフトじゃ怖かっただろうねぇ。

暁の一行の中で、唯一のノルヴラント民であることを意識していたようです。

Lv79 グルグ火山

Lv79 クリスタリウム、レイクランド

あちこち歩けるのはリーンのおかげだった。

こういうのは視えないのかな。

Lv79 テンペスト

すっかりその土地の集落の人々ともコミュニケーションが取れる子になって…。
成長の速さが眩しいよホント…。

飛び込もうとしたら怒られました。

アーモロートの街並みを見て。
幻影には彼の心境が投影されてもいるのでしょうか。

私の身体の治し方が見つからなくて、顔を上げられないリーン。

Lv80 終末のアーモロート

Lv80 エンディング

クリスタリウムの祝宴では美味しいものいっぱい食べられたかな?

いつか来る原初世界メンバーとの別れを予感して、自立の道も探さねばと頑張る姿がやっぱり眩しい。

 

リーンは、5.0メインクエストの後はサンクレッドやウリエンジェと共にエデンの謎の解明に挑みます。
そのため、フィールドには常駐していないようです。
ちょっと私のイメージの投影の仕方が気になりますが…、これはエデンクエストをやっていただくとして。

こちらの漆黒秘話もぜひご覧くださいね。
漆黒秘話 第一話『その名に願いを』

小さなミンフィリアは運命に翻弄されるヒロイン、なのかと思いました。
でも、まだ世間も自分の力も知らない彼女は、いつも一所懸命頑張って、ひたむきで、まっすぐで。
世界のために、サンクレッドのためにできることを探して、でも自己犠牲の道は選択しませんでした。
そうだよね、子供が自分の未来を犠牲にするようなことだけは絶対にダメだよね、と涙が止まらず…。
その後も本当に頑張り屋さんで、それが私の周囲の若い仲間達や子供達とも重なって、応援したくなりましたし、とても勇気をもらいました。

選んだ生き方を肯定された時の、張り詰めた緊張が緩むこの表情がとても好きで。
どうかいつまでも彼女に祝福あれと願います。

 

【5.0】ヒントトークセレクション
5.0ヒントトークセレクション記事のリンクまとめ。

コメント

  1. 匿名 より:

    あるひゃさん書き方が愛に溢れててグッとくる
    本当にいいゲームだったんだと自分のプレイ思い出しながら感じる。やってるときは面白くてとにかく先へって感じだったけど、こうして振り返って一つ一つ見ていくとキャラの気持ちとかわかって心にくるよ。
    編集ありがとう、最後まで期待してます!

    • あるひゃ より:

      >匿名希望のお客様
      おおお、そう言っていただけるのは本当に嬉しいです!ありがとうございます!
      公開して思うのは、どのキャラクターにも熱いファンがいて、漆黒は愛されてるんだなぁということです。

      見たつもりのセリフでもキャラごとにまとめ読みすると、よりわかりやすくなる部分もありますよね。
      これからもコツコツ編集していきます。お楽しみに!