【5.0】ヒントトークセレクション サンクレッド

※この記事にはパッチ5.0のメインクエストのネタバレが含まれております。ご注意ください。

はい、こんにちは。
5.0メインクエストの膨大なヒントトークフォルダから、今日はサンクレッド・ウォータースのヒントトークセレクションをお届けします。
第一世界へと旅立ったミンフィリアと別れ、帝国の諜報活動に注力していた彼でしたが、予期せぬ召喚術で第一世界へと足を踏み入れます。
「ミンフィリア」との出会い、決断を経て、彼は自分の心の納め場所を見つけたようです。
ピリピリとした余裕なく緊張感のある表情から、次第に変化していく態度やセリフがとても印象的でした。

冒険の紀行録から見直すことのできるカットシーンや、エンディングを迎えた後のヒントトークは皆さんも見返すことができると思いますので、省略しています。

Lv72 イル・メグ

ランジートの追跡を逃れ、ウリエンジェを訪ねてイル・メグへ。
一時期、ここに身を寄せていたようです。

「篤学」とは熱心に学問や研究に勤しむこと。

フーア族に引きずり込まれちゃう。

ガンブレイカーにジョブチェンジしましたよ。

これ、帝国編が来たらジョブクエストとかで登場したりしますかね?

Lv73 ドォーヌ・メグ、イル・メグ

植物だから水を与えると強くなるのか。

怒られちゃう。

はしゃぐとすぐ怒られる…。
ひたむきで頑張り屋さんで、でも初めて見るものばかりでついつい声を上げてしまうミンフィリアと、彼女を守るためにいつも神経を張り詰めているサンクレッドの対比が強調されています。

途中でショートカットするサンクレッド、ほんまズルイ。

その後、アマロの集落へ行った時のセリフ。
自覚あったのですね…。

ランジートが追って来ましたよ。

Lv74 クリスタリウム、レイクランド

おお、そうだったのか。私の部屋の近くなのかな。

エメトセルク登場後。

サンクレッド達は、ユールモアを出てからは、あちこち転々としていたようですね。

ジョッブ砦の警備に思いを巡らすところはサンクレッドらしい。

Lv74 ラケティカ大森林

頭を抱えるサンクレッド。

ミンフィリアと一緒に罪喰いを倒し、帰ってきたところ。

保護する少女の心境の変化に気付き始めたようです。

ウリエンジェにはご注意をw

ファノヴの里に到着。

ヤ・シュトラが地脈からの生還を果たした時、サンクレッドはサンクレッドなりに気遣いをしていたようで…。

足元にナッツさんがいましたw

うむ。

Lv75 キタンナ神影洞、ラケティカ大森林

そうなんですよね。
蛮神の使徒ということは、テンパードということに。

Lv76 レイクランド、クリスタリウム

レイクランド襲撃時、大怪我をしてしまったサンクレッドは、スパジャイリクス医療館に運び込まれました。

 

そして、ミンフィリアはある決断をし、ナバスアレンを目指すことに。

Lv76 アム・アレーン

ほう。

「成り行きに任せて進んでしまって、本当によろしいのですか」と問われた返事。

自分の願いではなく、彼女の願いを叶えるために。

 

石を探しに坑道へ。
この画像を編集するまで、ケロリンドロップだと思っていました…。カエル推しだなって…。

ルイゾワ師に拾われて、シャーレアンの賢人位まで上り詰めたサンクレッド。

諜報学?を学ぶ場所もきちんと確立しているようです。

 

あら、優しい。

獅子目石を見つけ、トゥワインへと戻ります。

今度こそ、に込められた思い。

しかし、ランジート将軍が立ち塞がります。

ドズル・ザビかな。

 

ミンフィリアとの邂逅を終え、ミンフィリアはリーンとして帰ってきました。

聞いてしまうと、足が止まってしまうかもしれないから。

どう見てもズタボロじゃないですか。
それでもその顔はとても晴れやかです。

Lv77 マリカの大井戸

地下にいる大罪喰いを探して。

語尾にドォーヌ・メグのような刺々しさがなくなって、温かく見守る語り口調になっています。

褒めてもらえたヾ(*´∀`*)ノ

やっぱり。
でも私もダメっぽいです。

Lv77 コルシア島、ユールモア

異変を感じ取る一行。

ランジートへの懸念や、海都との比較なども。

今回は、リーンと一緒に足止め要員。

戦闘後は、リーンの補佐をしていたようです。

Lv78 コルシア島

身体を動かす方が得意なタイプなので。

トップラングにて。

もう迷いはないようです。

Lv79 グルグ火山

あの時とは、トレーラーでミンフィリア救出時に戦ったライオンのようですね。

Lv79 クリスタリウム、レイクランド

シンプルで義理堅い。

覚えてる妖精語はリーンだけじゃないんですよと。

Lv79 テンペスト

常に周囲の警戒を怠らない。

退路の確認も怠らない親切マン。

アーモロートの街並みを見た感想も、彼らしくてフフッとなりました。

父もまた強し、ということなのだろうな。

雰囲気を和らげてくれるようになるなんて。

 

Lv80 終末のアーモロート

ギミックを教えてくれてました。

Lv80 エンディング

クリスタリウムの祝宴は散々だったようですね。

 

サンクレッドは、5.0メインクエストの後はリーンやウリエンジェと共にエデンの謎の解明に挑みます。
そのため、フィールドには常駐していないようです。

 

そして、新生祭のお祝いに伴い、漆黒秘話が公開されました!
漆黒秘話 第一話『その名に願いを』

いやーもう、まさかの第一話がサンクレッドのお話だとは…。
しかも旧版からの続きのお話だとは…。
未読の方はぜひ先に読んでいただきたいのですが、サンクレッド、ミンフィリア、リーンと、それぞれの名前に込められた思いが、時や次元を超えて受け継がれていたのですね。

クライマックスのこの場面で、最初は「結局家族愛に落とし所を見出したのか」と思ったんですよ。
恋愛から逃げたのかと。

でも、本編を終え、漆黒秘話を読み、改めていろいろと考えてしまいました。

サンクレッドの力が及ばないまま、ミンフィリアは第一世界へ旅立ってしまいました。
その無力感は相当なものがあったでしょう。
しかし、運命の巡り合わせで降って湧いたリベンジの機会。

数年先に第一世界へ辿り着いた彼は、ミンフィリアのその後を聞き、その分身とも取れるような小さなミンフィリアの話を聞きます。
別人かもしれない。でも、少女達は自らミンフィリアと名乗っているというのです。
アシリアではなく、彼が与えた名を。
命が尽きても、幾度も幾度も。

二人の間にあった感情が、兄妹の愛だったのか、恋愛感情だったのか、盟主と盟員の敬愛だったのか、外野には窺い知ることはできません。
私は、単純な一つの感情ではなかったのだろうな、と想像しています。
帰る場所も守るものも何もなかったサンクレッドが、たった一つ大事にしたかったもの。
自分の全てをかけてその願いを叶えてやりたくて、それがいつしか自分の願いにもなって。

それがもう二度と彼女に会えない結末になるとしても。

 

だから、「『お兄さん』なんだから」と言った直後のこの無言のカットに、言葉にできなかった全ての思いが込められているように感じました。

 

【5.0】ヒントトークセレクション
5.0ヒントトークセレクション記事のリンクまとめ。

コメント

  1. キャス・コッチャ より:

    サンクレッド、男前だけどなんだか頼りない感じだったんだけど、今回の旅で頼もしい男になった!
    吉Pが前にいってた暁の面々をなんとかしたいって言うのは、大成功といっていいよね。
    できればそこにイダやパパリモもいてほしかった…。

    ミンフィリアも去ってしまったのは寂しいけど、ミンフィリア、サンクレッド、そしてリーンを通じて
    語られたのでよかった。きっと今後も言葉の端々に彼女がでてくるよね。

    ケロリンドロップ、きっとカエルをかたどった瓶に入ってるw

    ランジート戦のあとのシーンはすごくよかったね!ここもまた名シーン!
    単純にこうだじゃなく、いろんな想いが詰め込まれてて、ここも泣きっぱなしだったー。

    漆黒秘話まだ読んでない!というか、出てるの知らなかったよ!後で読もう。

    • あるひゃ より:

      >キャスさん
      サンクレッドは掴みどころがない感じだったけど、ちょっと骨太になりましたね。
      いい歳だしなぁw

      パパリモは正直、次元の狭間に放り込まれたかな?という気がしています。
      タトゥーが消えるタイミングが、敵が死ぬ瞬間じゃなくて、スイッチを押した直後っていうのが気になっていて…。
      そのうち覚醒したアシエンとして帰ってくる気もするw

      ケロリンドロップ、瓶ごとくださいw