東京5.0基調講演のおさらい【ファンフェス東京2019】


※画像も文章も大変多くなっておりますので、スマホ等からご覧の方はご注意下さい。

はい、こんにちは。
ファンフェス最後の第3弾、ついに東京で開幕いたしました!
その基調講演をじっくり振り返ってみましょう。

見逃した方はこちら。
finalfantasyxivのFINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2019 in TOKYOをwww.twitch.tvから視聴する

ファンフェス東京 基調講演

漆黒のヴィランズ フルトレーラー

トレーラーもフルバージョンが来ましたよ!

クリスタルタワーの内側で、つぶやく謎の人物。

一際目を引いたのはやはりコレ! ヴィエラの踊り子だー!

 

さぁ吉田直樹P/Dの登壇です。コスプレじゃないですねw
チラッと見えるのはライオンのTシャツ。

今回のステージは360度見渡せるタイプで、広い! 観客は1万5千人。ビッシリです。

新たな冒険の舞台 第一世界 ノルヴラント

5.0の新たな舞台は「第一世界」!
1万2~3千年前に、ハイデリンとゾディアークの争いにより、14個に分裂してしまった世界のうちの一つ。
光の氾濫を防ぐためにミンフィリアが渡った場所、闇の戦士達の故郷です。

その地名は「ノルヴラント」。
唯一、光の氾濫を免れて、ギリギリで存在する場所です。

どうやら謎の声の導きによって、この光の氾濫から第一世界を救うためにノルヴラントに赴き、闇を取り戻すための戦いをすることになるようです。

その序章となるパッチ4.56は、3月26日(火)に実装されます!

新たな拠点 クリスタリウム

拠点となる場所は「クリスタリウム」。クリスタルタワーを取り囲むように建設された都市です。

この画像、どこかで見覚えが…。

 

そうです。旧版のOPのあの幻の都市に似ていますね!
長い時を経て、ついにあの場所へ行けるようになるとは…!

人々の衣装も似ているように思われます。

 

クリスタリウム動画です。

 

この優美な黒い鋼材のフレーム、このデザインもどこかで…。
これは2005年のE3でラプチャーデモとして発表された、FF14の一番初期のデザインとされる風景ではありませんか。
こちらは非公式動画です。(スクエニの公式動画チャンネルがまだ開設されていない時代なので、公式の資料がありません)

 

改めて、クリスタリウムの風景を見てみましょう。
クリスタリウムは光の氾濫に対する、最後の反抗地と呼ばれています。

大きくそびえ立つクリスタルタワーと、ガラスドームのような建物群。

紫の花が水色との対比で美しいですね。かなり入り組んだ通路や高低差があるようです。

黒い鋼材部が実に優美です。ショップのような場所も見えますね。

大工房と呼ばれる場所も。巨大な軍事力を持った都市でもあるようです。

さて、世界が分裂した頃にはまだなかったはずの、原初世界ではアラグ帝国が作ったはずのクリスタルタワーが、一体なぜ第一世界にあるのか。
この辺りの謎も物語の大きな鍵となってきますので、よく予習をしておいてくださいね。

新たな都市 ユールモア

そしてもう一つの街が「ユールモア」。ちょっとリムサ・ロミンサに面影が似ています。
もう世界が滅びても構わないと、富と権力を持った堕落した人々が住む街です。

 

ユールモア動画です。

 

大変特徴的なミコッテ。

けばけばしい派手な彩色。ファンタジーっぽくて新鮮でもあります。

下品なエーテライト付近。

選ばれた人だけが入れる街、ということで下層には入りたくても入れない人々が押し寄せています。

 

トレーラーのサンクレッドはこの街の地下で戦っていたようです。
鏡像世界とはなんなのか、ハイデリンとは、ゾディアークとは、「漆黒のヴィランズ」ではそれらのFF14の核心に触れます。

新たなフィールド レイクランド

クリスタリウムのある地域は「レイクランド」。モードゥナに似た地域です。

レイクランド動画です。

 

このレイクランドという地域は闇の戦士伝説を信じ、世界に闇を取り戻すために戦っている地域です。
5.0で最初に訪れることになるフィールドです。

モードゥナのような大きな湖がありますが、ガレマール帝国が存在しないため、黙約の塔はありません。
天候は常に「光の氾濫」という状態になっています。(ヌシはどうなるんだ)
どうやって夜を取り戻していくのかは、また後ほど別のところで。

5.0ダイジェスト

ここからはおさらい。

レベルキャップ開放・バトルシステム・ガンブレイカー

インスタンスダンジョン

3つのダンジョンのSSをご紹介。

火事になってる村かな?

お花畑かな?

いかにもなダンジョンもありました。

フェイス

ダンジョンに連れていけるNPCシステム、フェイスにミンフィリアも登場です!
他にも多数のNPCを選択することができます。

強くてニューゲーム・ワールド間テレポ

ワールド間テレポは、24日のPLLで詳しく説明します。

イシュガルド復興

イシュガルド復興は、5.xシリーズを通じて長くプレイするコンテンツです。
シナリオもありますので、どんなキャラクターが登場するのかお楽しみに。
(開発手順としては、復興したイシュガルドを作ってから、それを壊していくのだそうですよw)

アライアンスレイド

ヨルハも楽しみですね。

 

新たなジョブ 踊り子

さぁ、新ジョブ「踊り子」です。

動画はこちら。BGMはFF9の劇場の場面ですね。

 

アートのこの衣装がジョブ専用装備です。
武器は投擲武器円月輪だけじゃなく、いろいろな物が投げられますよ!
解放条件は、いずれかのジョブがLv60になっていること。スタートレベルも60です。

バッファーみたいな遠隔DPSでしょうか。

 

新たな蛮族 ドワーフ

新種族は「ドワーフ」。
吉「我々日本人が持つドワーフの特徴を全て突っ込んであります」

しかし、何かに似ているような…?
その兜とヒゲを取ると、なんとララフェルでした!

なんと第一世界では、ララフェルは蛮族と呼ばれ、ひっそりと暮らしているのです。
他の種族も呼び方が変わっています。

ドワーフの集落です。蛮族デイリーもあるのでしょうか。

ドワーフの集落は、当然ながらドワーフサイズで全ての物が作られています。

そのため、ララフェル(ドワーフ)しか家の中に入ることができません
どうしても中を見たいという方は、窓の外からご覧いただくか、ララフェルになっていただくかということになります。

非常にこだわって作った、正真正銘のララランドですので、ぜひご覧ください。

 

新たな敵

第一世界の敵は「罪喰い」。光の属性の妖異のようなものです。

その中の特別な存在の「イノセンス」。

第一世界では常に天候が「光の氾濫」となっていますが、この罪喰いを倒すことで闇を取り戻し、夜や天候が戻ってくるという新しいシステムが実装されます。

 

新たな高難易度レイド 希望の園 エデン

新しい高難易度レイドのイメージアートはこちら!
草…?

光の氾濫によって光以外の属性が全て失われてしまった第一世界に、再び属性の力を取り戻していくというのがこのレイドのコンセプトです。

そして、今回のレイドのキャラクターデザイン・ボスデザインは、野村哲也さん!

ボスはガイア。ハンマーを持つ女性キャラですね。

野村さんからのメッセージも来ています。

 

新たな種族 ロスガル

新種族、男性は獣人の「ロスガル」。

ロスガル動画です。

キャラメイクパーツが従来のものよりも、特殊になっています。スタッフも沼にハマるとかなんとか。

ロンゾだ!

角があるキマリ(FF10のキャラクター)。

吉田さんのTシャツのライオンはこれだったんですね。

アーリーアクセス

アーリーアクセスまであと3ヵ月!

 

さぁ、基調講演も終わりです。

ジョブアートが壁面に飾られたりしているんですね。

松田洋祐社長と橋本真司さん。橋本さんは政治家みたいになってたぞw

最後は経営・開発・運営陣、各種族コンパニオンのお姉様方が登壇して、開幕宣言です。

現地に行かれている方も、家や出先で視聴している方も、皆様良いファンフェスを!

 

明日は10時からPLLですね!

コメント

  1. キャス・コッチャ より:

    最近は他のゲームもやってたりして、遊んでばかりなので
    アルヒャさんの更新速度に追いつけてない…w
    あとツイッターでパッとリアクションできちゃうのも考えものですね。
    ロードストーンの日記はそれもあって書く機会が減ってしまいました…。

    1枚目の写真かっちょイイ!w
    踊り子はてっきりヒーラーだと思ってたのに…びっくりです。遊んでみるけど詩人なので通常のPTでは使わなさそう~。
    一番驚いたのはクリスタリウム!まさか旧版開始前にワクワクしてOPでも出てきてたあの街にいけるようになるとはー!
    開発パネルでの話を聞くと最初から決まってたわけではなかったみたいだけど、
    旧版のOPは第一世界の様子だったという見事な伏線回収になりましたね。新生した時も言ったけど、まるで最初から
    予定されていたかの様な展開。早く行ってみたい!

    ドワーフの「常に髭をつけている」のところで、ん?つけてるってどういうこっちゃ?ってなったんだけど、
    まさかララフェルとはw
    各種族の呼び名の違い、将来つぎのFFのMMOが来た時こっちの呼び方になったりして?

    ロスガルは走ると四足になるとか、もっと獣人にふりきってほしかったけど、
    追加するには仕様に沿ってじゃないと難しいんだろうなぁ。

    • あるひゃ より:

      >キャスさん
      あるひゃさんの更新速度もそんなに速くない…。
      いつもコメントいただけて嬉しいけど、負担なく楽しめる範囲でお願いしますね!
      日記はどうしても時間かかるから、パッとコメントする方を選んじゃうのはわかる。

      踊り子はAFもらえるならやりますよ!w
      ドワーフは「種族と蛮族の違いって、結局立ち位置が違うだけだよなぁ。中身は同じララフェルなのに」とかいろいろ考えさせられてしまいました。この辺りの切り口は凄いね。
      ロスガルは装備のことがあるから、四足とかは難しいのかな。
      でもエモやマウントの乗り方で個性が出そうで楽しみです。