【ドマ町人地復興記】職人町 完成までのレポート Part.2

※画像も文章も大変多くなっておりますので、スマホ等からご覧の方はご注意ください。
※この記事はパッチ4.3「ドマ町人地復興記」関連クエストのネタバレを含みます。ご注意ください。

はい、こんにちは。
ドマ町人地、復興させてますかー?

第3週以降、職人町を復興させておりますので、その経過をレポートいたします。
第4週の分をPart.2としてまとめました。
見落としもありそうですが、クエの振り返りによろしければどうぞ。
目次の1~3はPart.1の記事に飛びます。

4. 職人町 ドマ難民の帰還

さて、今回はどこが進展するのかな?

ほほう、吉報とな。

では早速ツラヌキさんのところへ。

おお、木工細工作業場はそろそろか。

そこへ誰かの声が。

驚くツラヌキさん。

そう、ようやくホウザンさん達、レヴナンツトール開拓団(ドマ難民)が帰国したのでした。
年齢的にいっても、ツラヌキさんはホウメイさんと知り合いなのですね。

ようやく…ようやくだ…。

ヨウザン君達も無事か!

いやー、リアルの年数もそこそこかかったプロジェクトなだけに、感慨深いねぇ…(´;ω;`)

いいんですよそんな。(週に2万ギル程度ですし…)

というわけで、復興計画も優先順位の変更が必要です。

いいとこあるやん!

では進展具合を見てみましょうか。
鍛冶場俯瞰。ツラヌキさんのところの主作業場?は立派な瓦屋根を葺いている途中です。

マゲモヒカンが頑張っていた屋根もあと少し。カウンターができています。

向かい側にも同様の小屋が。ショップの数がそこそこ多そう?

屋根は立派にできましたが、炉関係はまだまだ。

木工細工作業場俯瞰。屋根が着々と出来ているようです。

製材スペースもミニクレーンとか欲しいとこだけどねぇ。

屋根工事のためのハシゴがかかっているのが細かい。

原木置き場隣のこちらもですね。

これ、先日「取っ手が取れちゃって…」と修理依頼に来ていた女性の話を聞いていた、受付担当?の女性ですね。
軽くて持ち運びやすい仕上げにしてほしいって感じの要望を現場に伝えているのかな?

マゲモヒカンやる気あるやん。

ツラヌキさんも張り切っています。

Popo様、まだまだ行けるので上限上げてほしいですよ?

マップはこうなりました。

5. 職人町 紙漉き工房屋根工事中

お次は何かな~。

おお、壁が出来てきました。

今回は紙漉き工房側が進んでいるようです。

アララギさんとメガネ君がいますな。

さて、現地を見てみますか。
気がつけばもうだいぶ前からここに提灯が付いていたらしい。

資材置場にも屋根が付きました。

こちらはかなり大きな建物になりそうだけど、用途は不明。

ホウキお姉さんがいました。

メガネ君がチェックしている小さな小屋。

そして西側の大きな建物にはカウンターが見えますね。白壁で綺麗になっています。

以前は資材置場だったこの隙間スペースに、植枡が付きました。花壇にでもなるのかしら。

メガネ君に確認を取る女性。

こちらは大きな建物の中をウロウロしている男性。

中央へスタスタ。

何かを確認しているのかな。

反対側に行ってしまったので、回り込んで見に行くと、勝手口から外を眺めていました。

アララギさんの紙漉き作業はまだまだ先になりそう。

6. 職人町 大口の取引先

おお、そうだったのか。

行ってみましょう。

工房はまだまだなんだね。

どうやら大きな建物は紙漉き工房本体ではなく、ショップとなる模様。
しかしかなり大きいぞ?

地味な職人町が華やかになるかな?

確かクガネの店先には風車が挿してありましたね。

まぁ正直、戦争が終わったばかりのこの情勢、風車だけで生計が成り立つとは思えないわけですよ。

気になりますよね。

あ、ちょうど来た来た。

ホウザンさんも一緒に来ましたよ。ここで既にある予感が。

ふむふむ。

「わずかなツテ」

あっ。

やはりな…。

驚くPopoさん。

そりゃ言いますよね。

慌てるホウザンさん。

なんちゅう顔しとんねん。

アララギさんがまとめました。

取引先が見えて、やる気が出た様子。

「どうせまたこき使われるのは私なんだろうな」と思うPopoさんなのでありました。

全体俯瞰。

車前会近くの建物は住居棟になったのかな?

東側の小屋にも壁が付きました。

こっちも少しずつ壁工事が始まっているかな?

どうやらアララギさんのいる中央の小さな小屋が紙漉き工房になりそうです。
漉き船だけを置くのかな。
乾かす場所とか結構要りそうに思うのですが、重ねるから面積は取らないのかな。

ショップになるという建物はとても立派になりましたよー!

あちこちに金細工も施してあって、紙の高級感を高めようという雰囲気。
表通りのブランドショップのような位置付けになるのでしょうか。

お姉さん達が休憩中。

昔の職人町が戻ってきたのかな。
私達には分かりませんが、元の町並みを再現しようとしたりもしているんでしょうね。

見回りお兄さんは資材置き場で熟考中。

アップもパチリ。

メガネ君も一段落?

ついでにツラヌキさんのところも見ておきましょう。

屋根の上で仕上げをしている人がいました。

木工細工作業場俯瞰。まだまだ。

そう言えば、レヴナンツトールからの人々が町に加わっているのでは?とあちこち探してみると、やはりいました!

ホウメイさんよくぞご無事でー!

イジルドールさんはまだ泣き暮らしているんですよ…。

ヒギリさんだ! やはり万市場で料理に携わっていましたね。

ラミンが聞いたら喜ぶね。
こうして食文化は伝播していくのだな。

頑張って! どんな紙を作るのか楽しみ。

ようやく作業が始められるのか?

マップを見てみましょう。
…あれ? 西側の広場も雲も晴れている…?

慌てて見にいきました! こっちも建築進んでましたー!

屋根工事が進む大小の建物。

ここは住居棟のエリアになるのかな…?

南西の大きな建物も進んでいます。

裏手に回ると、以前からずっと作業をしている人の足場が無い!
腕力だけで高所作業をしているので、誰か早く足場を!

この大きな建物の全景はこちら。レヴナンツトールからの帰還組もまとめてドーンと受け入れられそう。

職人町の復興はまだまだ続きます!

スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あるひゃ より:

    >匿名のお客様
    公式フォーラムにこんな不具合報告が上がっていたのですねww
    ホウメイさんは二度の戦を経験しているので、故郷の地に降り立つのも慎重だったのかも…。
    忍びを多く抱えた国ですから、地中の脱出路や防空壕もあったでしょうし。
    地上に出られるようになって良かった良かった。

  2. キャス・コッチャ より:

    ロ……w
    本人もくるのかな?さすがに遠すぎるか。ちょっと心配だね、もちろんロウェナじゃなくドマの人達が!w
    ホウメイさんたち会ってなかった!あとで行ってみます。

    浮いてる人いるんだ。ホウメイさんも埋まっていたとはw
    段階ごとに表示非表示の設定がいっぱいあって開発的には大変そうだよね。こうしてとりあげて記事にしているアルヒャさんもだけどw

  3. あるひゃ より:

    >キャスさん
    本人も来るんじゃない? この間クガネにも来てたしw
    変化が激しいから、途中の段階では「ありゃ?」っていう場面もちょこっとあったりするけど、それもまた一興で。