ドマ町人地復興記クエスト「君臣の義を以って」「朋友は信を示す」のおさらい

※画像も文章も大変多くなっておりますので、スマホ等からご覧の方はご注意ください。
※この記事はドマ町人地復興記クエストのネタバレを含みます。ご注意ください。

はい、こんにちは。
ドマ町人地の定点観測をする前に、おさらいしておきたいクエストがありますよ。

それが、この二つのサブストーリークエスト。
ドマ町人地復興記というシリーズ名で続いていくようです。
・「君臣の義を以って
・「朋友は信を示す

さてさて、ドマ町人地復興の鍵を握るのは一体誰で、どんなふうに復興していくのでしょうか。

 

レヴナンツトールの人々

まずは、この二つのクエストに関連して、レヴナンツトールで聞き込みをするところからスタートしてみましょう。

石の家、アリアヌさんはお爺ちゃんのイジルドールさんのことが心配。

ありゃ、ホントだ。

しっかり者のクレメンスさんも案じています。
エノル姉ちゃんはルガ兄弟のことしか喋ってないので割愛w

ホウザンさんはドマの便りを励みにしている様子。

ホウメイさんは、イジルドールさんのおかげで毎日の生活にも張り合いが出ていたのでした。

ドウワレさんは今後のレヴナンツトールの在り方を模索中。
それだけ、元々の開拓民と一緒になって街を作り上げてきたということなんですよね。

ヒギリさんはいつも細かいところに気を配ってくれます。

稲作は…この妖霧の地では厳しいかもねぇ…。

ヨウザンくんはまだ隠れんぼをしていました。

隠れんぼの様子はこちらからどうぞ。

ドマの子どこどこ隠れんぼ
レヴナンツトールで隠れんぼをするドマの少年達。シウン、ロッカ、コハルの場所のヒントを掲載。

 

ドマ町人地復興記「君臣の義を以って」

パッチ4.2のメインクエストを進める途中で、ドマ町人地に立ち寄ります。
そこでコザクラさん(ドマ町人地 5.5,5.7)から受注可能となります。

車前会(しゃぜんかい)、覚えておこう。
車前とは地を覆うように生えている雑草のオオバコのこと。
踏まれても力強く生えてくる、その生命力に復興への思いを込めた名前なのですね。

ほいほい。

25年前から瓦礫状態ってことになるのかな。→町人地のヨモギさんの話では1年前の戦火でこうなったらしい。

0からのスタートです。

おお、ついに!

その人達なら知ってるからね!

あ、ヒエンだ。

もう遠い昔のことのように思えるなぁ。

ふむふむ。

資材も人も何もない中で、それでも礼を尽くそうと集めた品なのですね。
分かりました。お届けしてきましょう!

すらふ坊いいなww

そんなわけで飛んできましたレヴナンツトール。
すらふ坊がいましたよ。

話の分かるお人や…。

おっけい!

突然の知らせにホウザンさんびっくり。

ドマの人々が集まってきました。

ホウザンさんは仲間の表情に気が付きました。

語るヒギリさん。

ドマの人々はもうここしか生きる場所は無いと決め、身を粉にして働いてきましたからね。

ここに来た頃に思いを馳せます。

(´;ω;`)ブワッ

彼らは義理堅いだけではなく、この街への思い入れも深くなっていたのです。

提案するホウザンさん。

きちんと場を修めて旅立とうという意見に皆も賛同。

ドマは遠いですもんね。

ん? いいですよ。

そんな無茶な(゚д゚)

というわけで、ここに待機することになってしまいました。
次々と人がやってきてイベントが起こるパターンは珍しいですね。

最初はホウメイさん。

益荒男。

何をプレゼントしたら良いだろうかという相談に、それっぽいのを答えてみました。

 

続いてはドウワレさんの相談。あ、子ミコッテだ。

た、確かに…。
名前を問われ、どっちがどっちか分からなかったので賭けてみた私。

告げた名前に訝しがりながらも近付いていったドウワレさん。

名前、間違ってたー!w ごめん!ごめんなさい!

 

続いてはヒギリさん。
この辺りをピョコピョコしてるカーバンクルの名前を聞かれました。
これは楽勝だねっ。

おや、あの4人のララフェルはなんとか団(だっけ?)のリリナ、ワワトン、ガガルア、ババラ(左から順に)?

 

ホウザンさんからも相談を受けました。
今お礼を渡すよりも、ドマに帰ってからの方がいいんじゃない?みたいなアドバイスをしたようです。

ナマイ村の出身かしら。

痛恨の名前ミスにより、評価は「おおむねうまくいった」。

次のクエストに進みます。

 

ドマ町人地復興記「朋友は信を示す」

「君臣の義を以って」を終えると、連続でホウザンさん(レヴナンツトール 22.7,7.0)から受注可能となります。

改めてスラフボーンさんに挨拶を。

うんうん。

そう。レヴナンツトールは荒れ果てた小さなテントだけのキャンプでした。
そこすらも魔物と帝国に襲われて、何もないところからのスタートだったのです。

これが旧版、第七霊災直前のキャンプ:レヴナンツトールです。スラフボーンさんがいました!
岩だらけの土地に、テントとエーテライト(ダラガブの影響で変質してオレンジ色になってます)と焚き火だけ。他には何もありませんでした。
ずっとこの場所を守ってきた彼の言葉の重みが少しでも伝わりますでしょうか。

※追記※…と書いたのですが、調べ直したところ、ここはもう1つのキャンプ:ブリトルバークでした。訂正いたします。
スラフボーンさんがいるからてっきりレヴナンツトールだとばかり…。

友と呼んだ、彼の感謝の思いの深さ。

本当にこの街を愛しているんだねぇ。

ぜひぜひ。

ホウザンさんはドマに帰ってもリーダー格になりそう。

ひとつずつコツコツと。吉田Pの意志がチラッと見えるのはこんなセリフ。

なにやらお宝をもらえるみたいですね。

倉庫番はラミンでした。

子供達へのねぎらい。

これ、震災の時にも聞いたことがある言葉です。

お?

ヽ(・∀・)ノ

立派な宝箱の中に入っていたのはおそろいのグリーンベレー。
グリーンベレーと言えば、アメリカ陸軍特殊部隊の象徴でもありますし、FFシリーズでも常にステータスの上がる強い装備でした。
一人前の冒険者として認められた証なのかもしれませんね。

ホリクルコンビもやってきました。

うんうん。きっとすぐクエストとかで。

ヨウザンくんならきっとやるだろう。

ラミンは寂しそう。老け込むにはちょいと早いんじゃないの?

一番寂しいのはこの子ミコッテなのでは…。
チャ・ケビやクロちゃんと知り合いになれないかな~。

うぅ…。

冷静なロッカちゃん。

張り切るヨウザンくん。

酔いやすい子は長旅はつらいねぇ…。

そう言ってもらえるととても嬉しい。

おお、調理は国境を超える!ヽ(・∀・)ノ

お礼なんていいんですよ。

(*´∀`*)

もう最近こういうのに弱くて…(´;ω;`)

 

すべてを見届けましたよ!

さぁ、ドマ町人地の復興はこれからだ!

コメント

  1. キャス・コッチャ より:

    このクエはすごいご褒美でした~!
    ウルダハからレヴナンツトールへ案内した時から長い時間、彼らの行く末は気になっていたので感慨深かった。
    つぎのパッチでドマ町人地に着いているかな?

    アラミゴは旧版から知れた名前だから馴染みがあったけど、ドマはこの人達の事があったからすごい短い期間で
    ドマを救わないと!って思わせてくれたよねー。とってもイイ人たちなのでドマ人気仕方なし!
    それよりも多くの光の戦士たちのアラミゴへのヘイトが高いままなのでそこが心配w

    ちょろちょろしていたガガルア達は一切触れなかったのですごい気になるw
    ドマ冒険者団を追って東にいくのか、アラミゴ辺りで一暴れするのか、それとももう出てこないのかw
    彼らの目的ってなんだっけ?エオルゼア征服?じゃ、東にはいかないかな。

    個人的にはこの交流はここで終わらず、
    今度はイシドールさんやスラフボーンさん達をドマ町人地へ案内するクエに期待したい!

  2. あるひゃ より:

    >キャスさん
    このクエは良かった!
    ドマ町人地を子供達が駆け回るようになるかな?
    寂しくなってしまった子ミコッテが気になるけど、ガガルア達の団に入るのもオススメしないw
    レヴナンツトールとの今後の交流も描いてほしいよね。
    少し時間が経った後に会いに行けたらいいな。