蒼天の探検手帳にはカルヴァランの秘密が隠されていた

はい、こんにちは(゜ー゜)ノ
アジス・ラーのアダマン島(勝手に付けた名前だ)でドヤるとこんなカッコイイSSが撮れますよね。
採掘の待ち時間に撮る人も多いのでは。どうやろ。

で、そう言えばアジス・ラーの探検手帳全然やってなかったよね、と回ることにしました。
ここすんごい見にくい。

いろいろ読むと面白いのであります。
往時っていつだ。第七霊災前の帝国が活発な頃かな?

他のエリアもやろうかね。
ここも分かりにくい。

とりあえず蒼天の探検手帳は完了です!新生分はまだ埋まってないんだけどw

でね、本題はここからなんです。
この手帳を埋める旅の途中で、ここに到達しました。ゴルガニュ牧場。

このエピソードに関してはサブクエストもありまして。
なんてことない老婆の願いを聞くだけのお使いクエストなのですが。ですが。

そう。このエピソードはどこかで耳にしていますよね。
アドネール占星台のこの人が言及していました。
デュランデル家はアドネール占星台やホワイトブリムを守っており、ファルコンネストの再建にも尽力しています。
ダスクヴィジルのユヘルメリック卿もデュランデル家の騎士でした。

そしてこの人も。
リムサ・ロミンサのセブンスセージに裏にいる、百鬼夜行の頭領カルヴァラン。

ここで旧版初期の設定資料を見てみましょう。2010年5月の記事です。
『ファイナルファンタジーXIV』“エオルゼア全図”を大公開(ファミ通)

この記事に記されている名前はカルヴァラン・ド・ゴルガニュ。

そう。
おそらくですが、デュランデル家の名を捨てた彼が新たな名前として選んだのは、自分を導いてくれたゴルガニュ卿の名前でした。
情報戦の得意な彼がゴルガニュ卿の失意と死を知らないとは考えにくいのですが、もう戻る気は無いのかな。

卿の開いたゴルガニュ牧場。堅牢なサイロや大風車を持つ立派な牧場であることが分かります。

この墓地にゴルガニュ卿は眠っています。カルヴァランが墓参する日は来るのでしょうか。

現在のカルヴァランは俊英と謳われた才知を活かし、スパイス貿易で一財産を成しています。

腹心のゲラルドがいろいろと教えてくれますよ。

カルヴァランに関して。
やはり第七霊災以降のイシュガルドに関してもいろいろな情報を入手していそうだよなぁ。

リムサ・ロミンサという国家の成り立ちについておさらい。

百鬼夜行は既にリムサの三大海賊としてその確固たる地位を築き上げているのです。
紅血聖女団はローズウェンの率いるレディース集団w
断罪党はヒルフィル率いるイエロージャケットの大元ですね。

ローズウェンとは第七霊災時にこんなエピソードもありました。
第七霊災回顧録① 「栄光のヴィクトリー号」

3.0のラストではイシュガルドとの国交も回復するわけなんですが、さてカルヴァランはどうするんでしょうね?
クルザスに帰らないのは本人の言う通り、貴族社会の窮屈さに嫌気が差し、己の才覚で勝ち抜いていきたかったからなのでしょう。
それがある程度叶った今、窮地に立つイシュガルドやデュランデル家を見て何も思わないのでしょうか。
変革の風も吹いているし、自分には財も力もあって、もう思い通りに名家を変えていくこともできそうなのに。
このまま、ただの自由な風で一生を終えるようなタイプじゃないんだけどな。

できればメインクエストで、せめてレターモグクエで、彼のイシュガルド凱旋を見てみたいものだなぁと思います。

スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Unknown より:

    Unknown
    名前面白いですね!
    調理クエでもそういやご実家のネタ出てましたし、今後も何かありそうな・・・

  2. キャス・コッチャ より:

    Unknown
    ふぉぉおぉぉおぉぉお(´゜д゜`)
    このサブクエやってお墓参りもしてこの文章も読んでたのに、ぼけーっとしておりました。全然気づいてなかったです…。さすが。
    行方不明の人ばかり紹介する私の日記とは雲泥の差w
    バラバラになったパズルのようにヒントがあっちこっちに散らばってるのねー。カルヴァランの凱旋みてみたいねー。

  3. Unknown より:

    Unknown
    おおお。
    こんなつながりがあったんですね。
    女海賊との絡みしか印象に残ってなかった。
    さりげなく色々ちりばめられてるもんですねえ

  4. あるひゃ より:

    Unknown
    >匿名希望のお客様
    あっ、調理クエ見直すの忘れてたー(゜д゜)
    今後もちょこちょこ出て来そうですよね!

    >キャスさん
    断片的な情報も繋ぎ合わせるといろいろ見えて来るよね、って感じでw
    キャスさんの日記はむしろ、「この人を探せ」ってお題を出されているようで楽しいよ(*´ω`*)

    >匿名希望のお客様
    ローズウェンとの絡みは印象に残りますよねっ
    集めてみると結構小ネタが多いので、やはり今後の展開があるのかも?と期待しておこう