ニコ超会議3 超ざっくりまとめ 一日目

はい、こんにちは(゜ー゜)ノ
今年もありましたね~。ニコ超会議。
周囲でも行って来た人が多かったようです。地方民には関係ありませんが( ´_ゝ`)

リアルタイムでの番組視聴もほとんどできなかったのですが、タイムシフトでちょろちょろ見つつ、新情報などをざっくりまとめておこうと思います。
今年もMCはオバッテさんなんですね(‘▽’)
とにかく明るくキッチリその場をまとめ進めて行く進行手腕が素敵で、今年も登板となったようですね~♪

4/26(土)
◯出張プロデューサーレターLIVE Part1 動画
アデランス渾身のツヤッツヤカツラが眩しい。

皆川裕史(リードUIアーティスト兼リードウェブコンテンツアーティスト=メニューのおっさん)さんがゲスト出演です。
これまでに手がけた作品はマジカルチェイス、伝説のオウガバトル、タクティクスオウガ、FFT、ベイグラントストーリー、FF12、タクティクスオウガ 運命の輪。

Q:UIを実装する上で不評だったことや好評だったことは何ですか?
A:UIを変更する上で緊急パッチやメンテナンスが起きてしまったことは申し訳なかった。
UIはプレイヤーの要望の高いものから対応していくため、実装で「予想に反して」好評ということはあまりない。

Q:既存のオンラインゲームと較べて差別化した点があれば教えてください。
A:コンシューマとPCMMOという異なる文化のインターフェイスを組み合わせて一つにするのが大変だった。
ドイツ語版やフランス語版はテキストが長いので、そのままレイアウトすると日本語とのバランスが取れずに難しかった。

Q:現在のFF14のUI完成度は何%?
A:80%くらいの消化率をずっと続けていくといった感じです。

Q:これまでで最高だと思ったUI、影響を受けたUIはありますか?
A:マーブルマッドネス。全てが一体化していて非常に影響を受けた。

Q:皆川さんが関わったゲームでは特定の数字が上下に偏って表示されることがあるが、これは意味がありますか?
A:オールドスタイルというフォントを気に入るディレクターが多くて、よくリクエストされる。

吉「あ、ペロッた!俺!」←リヴァ中

Q:好きなBGMは?
A:「神無き世界」。メインクエのアルテマ戦BGMですが、凄く印象に残っている。
「試練を超える力」。バハムートのBGMなのですが、開発で疲れて帰宅するといつもその曲が流れていた(奥様がプレイヤー)ので。しかもちょっと機嫌が悪いんですw

Q:お好きなラーメンは?
A:東北人なので醤油ラーメン。前のビルの時は自転車通勤をしていたのだが、帰り道の途中で二軒くらい食べてしまったりしていた。

Q:FF12HDを出したいという気持ちはありますか?
A:僕が作るのでなければアリですね。プレイヤーとして遊びたい。

Q:オウガバトルサーガの新作を作るつもりはありますか?
A:仮にそういうプロジェクトが立ち上がる時があればぜひ参加したい。
吉「僕も参加したいです。オウガバトルは僕にとっては教科書なので。ゲーム業界を目指す人はこれとベイグラントストーリーは絶対にやっていただきたいです。データでゲームを作るってこういうことなんだなって」

Q:松野泰己さんと吉田さんどちらがいい上司だと思いますか?
A:キッツイっすね・・。僕にとっては松野さんはお母さん、吉田さんはお父さんやお兄さんのイメージ。どちらがいいとかいう問題ではない。が、たくさん怒られたのはお母さん。

Q:タクティクスオウガの頃は少人数で開発していたと聞きましたが、今とどちらが大変ですか?
A:昔はかなり無茶をしても行けたが、今同じことをすると死ぬw また、当時のスキルしか持たない自分が今の仕事をできるかと言えばできない。大変な箇所が変わった。

Q:UIのデザインにおいて吉田Pからはどれくらい細かい注文があるのでしょうか?
A:MMOのスタンダードなPCの操作にしてほしいと言われた。
吉「マウスパッドとPCでゲーム体験が変わらないようにということと、グローバルスタンダードなMMOの操作ができることが絶対必達だといった。でもそれくらいです」
実はFF12のガンビットもマクロの機能に入れてテストしてみた。しかし、マクロが無いとお断り、という状況になりかねないのでそこはセーブしようということになった。

Q:吉田Pには没にされたけれども、これは良かったなというものはありますか?
A:先ほどのガンビット。チョコボや魔導アーマーの遊びに使えたらいいねという話もあるので、いつか登場するかもしれない。

Q:吉田Pの好きなところを三つあげてください。
A:声が渋い。真面目なことを言うと、ゴールが明確なこと。状況を見ながら厳行する決断をちゃんとすること。作ったものをちゃんと誰よりも楽しんで遊んでくれるところ。ゲーム開発者にとっては大事な部分。

Q:UIやHUDなどローカルデータをサーバーで保存して、全ての機種にコンバートできるようになりますか?
A:これは僕も欲しい。一度サーバー価格の見積もりをしたことがあるが、吉田Pが真顔になるような金額が出て来た。もうちょっと他のやり方を考えないとこのままでは通せないなと。もう少し検討させて欲しい。

Q:インベントリを全て表示できるようにしてほしい。
A:今ちょうど作っている最中。次のパッチでお出しできるのではないかと思う。描画処理の関係上PCとPS4になるが、自分の所持品とリテイナーの所持品を一気に100枠表示するインターフェイスを作っている。

Q:FATEに参加した際に、アクティブウィンドウ上でレベルシンクを行えるようにしてほしい。
A:FATEのエリアに入った際に勝手にレベルシンクさせることは処理上は可能だが、バフなどが解除されてしまうため、FATE周回をしていないプレイヤーにとっては邪魔になってしまう。それで今の仕様にしている。
しかし、アートマ集めなどのコンテンツも実装されたので、オプションなどで切り替えられるようにできるかの検討を始めている。

・アニムス後のゾディアックストーリーをパッチ2.28へ延期した理由でPレターに書いた内容で誤解を与えてしまった。
アニムス後の仕様は全部完成して一度実装したが、プレイヤーの皆さんのアートマ・アニムス進行状況を見ていると、アニムスを完成させている人は少なく、本2~3冊目という段階の人が多かった。
この状態で次の過程を見せると、しんどい思いをして山を登っている途中でさらにルートが一つしかないしんどい山を見せることになってしまう。モチベダウンに繋がってしまうのではないかという危惧があった。
次の段階はスフィアスクロールというアイテムを使って強化する。これはいろいろな素材が必要となる。その素材をもう少しいろいろなコンテンツから取れるようにしないと大変だろうということで、その調整をもう少ししてからの実装を判断した。

Q:幻想薬を早く!
A:パッチ2.28のタイミングで実装を予定しているが、まずは1アカウントの1キャラクターにつき1個とする。トレードは不可。バラで提供できるシステムがまだできていない。そちらはパッチ2.3を予定。

Q:ゴールドソーサーを早く!
A:大きなコンテンツなので、企画が現在進んでいて、実装はまだ先。今はチョコなんとかをやっている。(チョコボレースかな?w)
チョコボも戦って競うだけではつまらないかなと。
ミニゲームもいくつか企画中。すぐ実装されるという話ではない。じっくり作っている。

<パッチ2.3こぼれ情報>
フロントラインという大きなPvPコンテンツが入る。三勢力に分かれてかなりの人数で戦ってもらう。ウルヴズジェイルよりは気楽なのではないか。クリスタルタワーのようにワイワイやってもらえるのではないかと思っている。
サルベなんとかというコンテンツもある。これはクラフターの新しい遊び。(サルベーション?何かアイテムを救済するのかな?)
・パッチ2.28でもコンテンツが入る。今後は1ヵ月ごとにパッチでコンテンツが入り、3ヵ月ごとに大きなパッチが入るという流れを作ろうとしている。

Q:極リヴァのCF対応はいつですか?
A:戻ったら権大と話をしたい。システム自体は出来上がっているのでいつ開けるかということになる。

Q:天気予報は?
A:予定はしていて、2.3のちょっと後くらい。天候が絡む遊びはヌシ釣り以外にも2.3に向けて用意している。(皆川さんのセクションらしい)
予報士の需要は高まるのかなと思っている。

Q:個人宅はどうなった?
A:個人ルームの方が先。FCのハウジングの中にマイルームを持つ。
個人宅は土地も家も個人で買えるというもの。土地が売り切れているという話もあったので追加を予定している。
ゴブレットビュートの地形を変える。岩を取っ払って見通しが良くなる。砂嵐で洗濯物が汚れそうなので天候は調整する。
星空が綺麗な場所にする。噴水のところの水も綺麗にする。苔むしている感じも出せないかと検討中。
ナナモ様が散歩するというアイデアはまだまだこれからの話になる。まずは景観を綺麗にすることから。(本当の宅地再開発みたいですねw)

Q:アドオンはどうなった?
A:PS4の対応などもあり、お約束した時期より遅れていることは申し訳ありません。
最初のバージョンはスキンのカスタマイズやアイコンの変更など、簡単な部分からとなる。
アドオンはTP表示をさせたり、ウィンドウのデザインを変えたりと様々な切り口があるため、リリースの順序や着地点を相談したところ。
アドオンに関してはロードマップを作ってそこで改めて発表したい。

◯皆川裕史のここが言いたい! 動画
皆川さんと開発陣のとっておきのネタ満載のコーナー。

ベントブランチ牧場への裏道がある
ジャンプで登ればショートカットできる岩があるよ!ということですね。

・エオルゼアの空にはがかかることがある
雨の後に晴れたら必ず出るというわけではなく、かなり細かい条件設定がある。詳細はヒミツ。

・リテイナーベンチャーのほりだしもの依頼って・・・
最初の企画では正直ショボイモノばっかりで、自販機の下から10円拾って来るようなものだとよしPからダメ出しがあった。
調整したら今度はレア属性がついていないものほとんど全部になってしまった。

・聖コイナク財団の調査地「ノアレポート
クリスタルタワー解放後までクエを進めると、ラムブルースさんから世界観設定レポートを聞くことができる。

・古アムダプール市街のモンスターについて
グレムリンのかけてくるデバフ「悲観」はエモーションの「はげます」「なぐさめる」で解除できる。
このモンスターの使う技が「ののしる」なので(FF7で登場。かなしい効果にされる)、「床でも舐めてろ!」などの暴言を吐くのだろう。

・ミニオン同盟
開発部の中ではミニオン同盟と呼ばれる、セクションを超えて暗躍する謎の組織がある。
主な活動は、ウルフのミニオンとクァールのミニオンのケンカや、オポオポやブルーバードが肩に乗るモーションなど、可愛らしい小ネタを勝手に仕込むこと。

・紳士の舞 誕生の瞬間
元々は種族ごとの踊りを作っていた。ララフェルの踊りがこのエモーションだったが、ハイランダーが踊ったところ、余りにも強烈だったということで「紳士の踊り」としてヒルディブランドのクエストの中で凄く重要なモーションになった。

・ハウジングについて
モーグリ人形の縫い目が怖い・・と言われてしまったので2.3で改良版にすることにした・・が僕は左の方が好きなんです。

ハウジングにはコダワリの家具が多いが、その中に音がなる家具がある。複数同時に鳴らすと一つの曲になるというシリーズがある。
ハウケタ家具ですね。製作難易度も素材レア度も高いし、弾くタイミングも相当難しいみたい。

リムサのビーチチェア付近に行くとお姉さんミコッテが扇いでくれる。

・ゲロルトについて
かなりクズな性格設定なのだが、旧版でのレリクエが余りにも高難易度だったために憎まれ役になってもらうためだった。
「ゲロみたいな最低な奴」ということでゲロルトという名前になった。(ひどすぎるww)

エッダの未来について
実は暁の血盟として砂の家に再登場するという話が予定されていた。が、人気が出過ぎてしまったためにベタな展開ではつまらないということで、もっと素敵な運命の渦に巻き込まれてもらうこととなった。
2.3でタムタラの墓所?に登場する。(ハードダンジョンかな?)

・ヒルディイイイイブランドゥウウについて
旧版では宿屋解放クエで登場した彼だが、実はララフェルのノナン・コグランの設定だった。口調がララフェルに合わなかったため、ハイランダーに。
ナシュには熱心な追っかけキャラがいる。
こそこそと陰に隠れてナシュを見ていたが、あまりにも気付かれないため、2.2では登場しなかった。今後の彼の活躍にご期待ください。

・コンテンツファインダーのシャキーン
元々はLBの溜まった時の音として発注された。CFは仮当てされたのがこのシャキーンだったが、他のSEを当てようとしたところ、余りにもシャキーンの方がハマり過ぎていたため定着してしまった。

・トレジャーハンターの宝の地図のリソースは・・
この地図の紙皺だが、20年前のタクティクスオウガの時のマップの紙そのまま。吉田明彦の机の上にコーヒーのシミのついた紙が置いてあって、そのテクスチャーが良かったので使った。

・ウェブブラウジングをしながらゲーム内でも動く方法
まず、システムコンフィグの「アプリケーションが非アクティブでもサウンドを再生する」。これでシャキったのを聞き漏らさなくなる。
「マウスドラッグで解像度を変更する」をオフにする。これでミスクリで解像度が変わってしまうのを防げる。
「ゲームパッドの接続を有効にする」をオンにする。これでウェブを見ながらパッドで移動が可能になる。

・プレイヤーサーチのジョブアイコンのオンオフは右クリで一括できる。

・ギル表示部分のお金アイコンをクリックすると軍票表示に切り替わる。いずれここに神話数も表示したいという野望を持っている。

・モニタを回転させて縦長表示にしても解像度そのままでゲームプレイが可能。キャラクターメイキングの時にオススメ。

・2560の幅の画面の縦幅をわざと狭くすると画角が広がって、視野が広くなる。これを使うと極リヴァの水柱などの見落としが減る?

・みんなのHUDを見せて~
よしPはマクロは一切使わない。会社と家でHUDが全然違う。会社ではとにかくシンプルな操作でエンドコンテンツができるかのチェックをしている。家のはグチャグチャなんで公開できないw

松野泰己さんは几帳面にキッチリ。14ちゃんやってるんですねw

レベルファイブの日野さんのHUDにはチャットマスクにジバニャンとウィスパーがwww
今妖怪ウォッチの勢いは凄まじいですからね~。この画面をコドモに見せたら新作ゲームか!と眼の色が変わると思いますw
デザイナーより凝っているというHUDレイアウト。やり込んでますなあ。

日野さんはさらにクラフターでは画面を変えているという・・。ギャザクラはガチですよねこの方。
中央の123のマクロはクラフター用だと思われるが詳細は聞いていない。中央のフォリジャーハットをかぶっている園芸師が日野さんのキャラみたい。

高井浩さんの画面はシンプル。

権代光俊さん(バトルプランナー)はG13に合わせてのレイアウト。

最後はメインヒーラーの皆川さんレイアウト。何この中央のリングコマンドw リキャストが見やすいらしい。

◯コスプレコンストに参加してみた 動画
凄まじくクオリティ高いですね!
ラインナップは、戦士AFブラビューラ、吟遊詩人AFアクセジャラジャラ、ミコッテ初期装備、お花セーラー、チョコボ屋エプロン、吟遊詩人AFアルテミス可動式、デモンズミニオン&スプリングドレス、戦士AF光ってないブラビューラ、ヴァンヤガルーダ(うっすら光るよ)黒魔、低レベル帯クルタクラフター、戦記黒魔紳士の舞、ナイトAFホーリーシールド吉田、スノーマン、神話ナイト。

面白かったで賞:ミニオン:デモンズブロック
よく出来ていたで賞:ナイトAFホーリーシールド吉田
これぞエオルゼアで賞:戦記黒魔紳士の舞

◯声優トークショー 動画
中村悠一さんとKENNさんがゲストです。

Q:好きなキャラは?(敬称略)
中村:FF5のガラフ。
KENN:FF8のスコール。タイトルはFF5が好き。モアイ像の話もアツイ。

Q:最近遊んでいるタイトルは?
中村:龍が如く、シアトリズム、FF14。
KENN:クラウド欲しさにピクトロジカ、ディアブロ3、FF14。

Q:ゲームキャラが自分の声を話すのはどうなんですか?
中村:最近は自分の声を聞いても何も感じなくなりました。ピッて飛ばしちゃう。大塚さんの声は聞き入っちゃう。
KENN:最初は気にしますが、最後は飛ばしちゃう。

Q:FF14での使用キャラは?
中村:ミコッテ♀。ネカマプレイではありません。一人称は俺です。
KENN:ミコッテ♂。エオ婚?(゜д゜)

Q:ハマっているプレイは?
中村:侵攻編2層で石化するのにハマっています。2層のギミックにはちょっと腹が立っているんです。 何で10分アラガンロットやらなきゃならないんだとVCで盛り上がっています。
KENN:最近PS4版でやり始めて、デジタルアップグレードをしてデブチョコボに乗るのにハマっています。
(ハゲルガの話題も出ていましたww)

Q:FF14でお気に入りのキャラは?
中村:ヤ・シュトラ。今回のメインクエでの採掘コスというカワイイ一面が見られた。いつも片手武器の木の枝で登場するけど、もしかして白魔じゃなくて幻術50なんじゃ?
KENN:クァールに乗って駆けずり回ったり・・マウントブームです。

Q:演じる上でのキャラクターのイメージって何かありましたか?
中村:何の時だったか忘れましたが、祖堅さんに「マクロスの・・(早乙女アルトのようなイメージで?)」って言われたことがありますね。
KENN:素顔を見たことがないし、言動はポエマーだったり・・。かなり悩みましたね。

中村さんはウリエンジェをそろそろ石の家に引っ越しさせて欲しいそうでw
そしてパッチ2.3でのお二人のセリフも一つずつ。
サンクレッド「なるほど。それが不滅なるもの・・サハギン族の長老のやった事か。では・・器が側にない場合、魂はどうなるんだ」
ウリエンジェ「私も貴方の戦いを拝見して辿り着きましたよ。アシエンを完全消滅させる手がかりに」

吉田「ルイゾワ亡き今、ウリエンジェはアルフィノとアリゼーの加護に回っている感じなので、彼が石の家に行ってしまうとアリゼーが一人で勝手をしてしまうわけです」

KENN「ダンスの種類を増やしてください。細かいパーツを組み合わせて繋げてオリジナルダンスを作りたい」
吉田「それはいいアイデアですね」

中村「イフリートの武器って捨ててもいいですか?」
吉田「持っていた方がいいと思います」(軍票になるのか、パワーアップするのか、ゾディアックで吸収されるのか・・)

KENN「お姫様抱っこがしたい。リューサンなので抱っこして街まで連れて帰って『誰か!白魔道士の方はいませんか!』ってやりたい」
吉田「ロールプレイできるエモーションはいろいろ考えているようです」

中村「ミラプリでオーディン武器を取りたいんですが、辿り着いた時には既にオーディンさん死にかけで銅しか取れないんです」
吉田「オーディンが弱すぎるのはちょっと問題だと思うので何か考えます」

KENN「マーケットで装備を見た時に試着をしたい」
吉田「皆川がドキドキしていると思います。染色プレビューはできたので試着もそんなに遠くないのではないかな?ひろし?後で裏でワンパンしておけば実装されると思います」

中村「簡易製作の速度を上げて欲しいというのもあったんですが、それより新クラスいつ来るのかなっていうのが」
吉田「ユウギリの素顔を見た時にアヤシイ動きをしてたり・・とかね」
中村「サンクレッドさんは急に短剣を二つ持ち出したりとか。リムサ・ロミンサに行くとユーザーは誰も撃てないのに銃が散乱してたりとか」
吉田「銃は長期計画で入ってます。新ジョブは皆さんが思っているよりは早いのかなぁ? 2.3ではありませんが」
(シーフが先に実装かな?拡張版よりも前に来そうな感じですね)

◯吉Pに物申す! 動画
報酬は「I BEAT YOSHIDA」Tシャツw

・バハムート侵攻編で黒魔が弱くて席が無い。強化してくれ!
→僕も黒魔なので特権だとか吉魔だとか言われて強化しづらいが、強化していいのであれば手を付けさせていただきます。

・タンクのマウントとして実装されたウォーベアとウォーライオンですが、今までやっていたカウントが0なのはどうなのか。
→カウントが取れていなかったのは申し訳ない。それでもこの先楽しんでいただくために実装した。
簡単過ぎるコンテンツで取れてしまうのは今後調整するかも。タンクへの報酬は今後も増やす予定なのでぜひエンドコンテンツでタンクをプレイしていって欲しい。

・新しいダンジョンが暗いのばっかりで、もう少し明るいほのぼのしたダンジョンも欲しい。
→2.3で入る新しいダンジョンは完全屋外の「◯◯島」というところ。最後のボスだけは専用天候ですが。

・ナイトは戦士に較べて硬いけれどもヘイトが低い。単体か範囲のヘイトどちらかが欲しい!
→ナイトと戦士はコンテンツへの参加人数を見る限りではバランスが取れている。どっちかに偏っているわけではないので現時点では調整の必要は無いと見ている。

・5層の攻略のダイブボムで緑のマークが出たらこっちへ行けという書き方がしてある。ギミックの説明も無しにただそう書いてあるのでは謎のゲームになるのでは?
→攻略本は我々の監修ではないので内容が分かりにくければ本の出版社にフィードバックをいただきたい。
ダイブボムはダイブをみんなで避けてほしいという想定だったが、あそこの窪みが最も避けやすい場所になってしまった。これは想定外だった。よほどバランスが崩れていない限り、プレイヤーの方が必死で見つけた攻略法をエゴで修正することはできない。

・召喚獣のメインがガルーダばっかりになってしまった。カーくんみたいなカワイイ召喚獣が欲しい。タイタンやイフリートも使いたい!
→現状最も使いやすい召喚獣がガルーダばっかりになってしまっているのは問題だと思っている。弱体も強化もバランスが難しいので慎重になっている。
カワイイ召喚獣は・・この後おじいさん(ラムウ?)や氷をまとったお姉さん(シヴァ?)が出て来るんでね・・。見た目にマメットをコピーできたら面白そうだなとは思うが、そういうアイデアを含めて検討する。
ちなみに次の召喚獣はリヴァかという質問に対し、どうやらラムウっぽいニュアンスが。

・シーフの実装はあるんでしょうか?
→E3とかジャパンエキスポ辺りで情報を出したいのでそれでなんとなく推測していただければ。
新ジョブは確定している。それがシーフかどうかは分からない。名前がシーフかどうかも分からない。

・クラスクエストのシルフィーちゃんがカワイイのでキャラメイクで作りたいが作れない。なんで?
→βでシルフィーの顔をキャラメイクできるようなパーツにしたところ、これは俺達のシルフィーじゃないという意見をもらったため元に戻した。
シルフィーちゃんは貴方の心の中にいて、この先またきっと登場の機会があると思う。

◯サウンドディレクターがBGMを分解してみた 動画

・リヴァイアサンの曲をテーマにいろいろ分解して行くコーナー。
祖堅さんのデスクトップは凄腕画像加工師で人気のアグリさんからの差し入れニーソですね(‘▽’)

プラグインかな?の凄まじい量(゜д゜)

リヴァイアサンの曲は前半はタイコメインなのでタイコから作ってた。
後半は煮詰まっていた時にタバコ部屋に行き、アニー先輩に背中を叩かれた瞬間に全ての楽器が鳴った。
これは前廣さんからの曲の発注書。かなり細かい指示が入っています。

ドラムの音を拾ってシンセに入れるためにマイクを20個近く使ってるんですね。細かい作業を重ねて自分の好みの音に近付けて行くのだそうです。
それでも音楽の方がやりやすいとのこと。効果音はさらにさらに細かい職人作業になるそうです。そうでしょうねぇ・・。
リヴァ弾き。

リヴァ曲の歌は最初は女性ボーカルだったが、締め切り三日前に吉田Pと前廣さんに「なんか違うんだよなぁ」とダメ出しされた。
締め切り三日前にプロの人を雇って歌ってもらって調整するなんて到底ムリなので仕方なく自分で歌った。
加工を全部切った生歌を聞いたけど、いやぁ・・・科学の力って本当にスゴイんですねw
DTMに興味のある方はかなり貴重な作業ウィンドウを見られるので、ぜひ動画で見ていただきたいです。
生ピアノウルダハ夜バージョンもあるよ。FATEも指の動きが凄まじいよ。見入ってしまうよ。

ニコ超会議3 超ざっくりまとめ 二日目