のほほんタイ日記


サワディーカー(゜ー゜)ノ

ってなわけで行って参りました、微笑みの国タイ!
短い日数で駆け足でほんのちょこっと見ただけではありますが、いろいろ小ネタを拾って来ましたよ。
今日はFF14日記をお休みして、タイの旅日記を書きます。
と言ってもなぜかFFに関するアレコレもあったりして。

<寺院とか遺跡とか>
タイと言えば、仏教の国。
ワット・アルン。三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台です。バランスの良い形や佇まいが美しい。
上がトウモロコシみたいになっているのはカンボジアから来たデザインで、遺跡にも見られるシルエットです。
右の方に飾られている写真は8/12がお誕生日だというシリキット王妃。この日は母の日にもなっていて国民は三連休なんですって。
デモやテロの話もチラホラあったのですが、なんとか無事に見学出来ました。

そしてこのびっしり埋め尽くされた装飾。
絵描きさんやデザイン関連のお仕事の方なら一つ一つ見て行くと時間が足りないかも。
自分の中に全くストックされていない色や形が次々に飛び込んで来ます。

アユタヤ遺跡。
白い部分は残念ながら修復された部分なので、あまり古くはありません。
さすがに世界遺産ということで、あっちこっちで修復作業がゆっくりと進められていましたよ。

この崩れかけた部分の傾き具合とか、コレが本物の遺跡か!と実感。

黄色い布はお坊さんの衣にもなっているし、国王のシンボルカラーでもあるようです。なるほどなるほど。
こういう塔は全部登れるのです。急な階段が怖いよ。

涅槃像どーん!

寺院周辺のお坊さんのお住まいはやはり立派なのでありました。

こういうのは中国様式。周りの建物はイタリア人の設計とか言ってるし、意外と何でもアリw

<タイごはん>
タイカレー。美味しい(*´ω`*)
タイ料理はほとんどが辛いのですが、エビチャーハン(カオ・パット)とか朝ゴハンに食べる優しい野菜たっぷりヌードル(ミースアかな?)なんかは辛くなくて落ち着く味。
スイカとかパイナップルとか南国フルーツも充実。

<見覚えのある神様>
ワット・プラケオ(エメラルド寺院)の土台を支えるのはなんとなんとのガルーダ様! ピッカピカです。
「ガルーダだって?ぜひ見たい、どれですか!」と勢い込んで尋ねる私にガイドさんが喜んでいっぱい説明してくれましたw

ホテルにはシヴァ神が。

これは神様かどうか分からないけれど、チョコボ・・・?(‘▽’)

<メインストリート:チャオプラヤ川>
メナム川と習った人も多いであろうチャオプラヤ川はタイのメインストリートでもあります。
観光船だけではなく、定期バスも通るし、バンコク市内のど真ん中を通るため、いつも賑やか。

寺院も王宮も普通の家屋も、川沿いの建物はみんな川に正面を向けて立っています。
洪水の被害もあるようですが、氾濫することで肥沃な大地を作って来た恵みの川なのですね。
だから基本的な家は高床式。

ちょっと有機的なデザインのビルが多いんですよね。あっちこち凸凹してるの。面白い。

<バンコク市内の風景>
宝石産業が観光土産のメダマでもあるのですね。あちこちにこんなショーケースが。
アイテムデザインの人が資料写真を撮りまくりそう。魔法防御めっちゃ高そうだよ?

採掘ギルドと彫金ギルドの作業場みたいなところも。

これはFFのエッグハントイベントでもあった飾りタマゴ。煌めいてますね。

セブンイレブン多し。そしてとにかくミネラルウォーターが山積み。
観光客も市民もみんな一本は携帯しているイメージ。
品揃えは同じようなモノだけど、レンジであっためるだけタイカレーなんかが何種類もありました。

市民は屋台でゴハンを食べるのが普通です。旅行客はちょっとやめといた方がいいかな?
タイ在住の人に聞くと、水道じゃなく使い回しの水で調理するので、その辺りがヤバめらしいですw
これはフィッシュフライのようなモノでしょうか。

マクドもあったよー。そりゃあるよね。
中のメニュー詳細は見ていないのだけれども、タピオカドリンクを売っていたのがタイスタイル。

写真は無いですが、タイ赴任家族の住むエリアにも行って来ました。
外国人みんな豪華なマンションに住んでるよ(゜д゜) セキュリティ上の理由なんかもあるだろうしね。
日本人は自国でもこんなとこに住んでると思われてるのかなぁ。無理だよ!半分も無いよ!

<自由な生き物達>
タイの寺院周辺では殺生をしてはいけません。動物達に与える餌も売っています。
なのでイヌもネコもフリーダム。
なんとなく顔が日本のネコと違いますね。ちょっと歴戦を掻い潜って生きて来た風貌。イケメンだわぁ。

この親子石像もいい表情なのです(*´ω`*)

イヌはもういたるところで寝ています。

この穴、自分で寝やすいように掘ったんだってさ。

象もいるゾウ!乗りましたよ、レターLIVEでグゥーブー画像が晒しもんになってたその日にw
ぐわんぐわん揺れますので、捕まっていないと道路に振り落とされそう。
グゥーブーの背中に生えているあの草木は持ち手だったのだ、ということがよく分かりました。

<気になるデザイン>
タイのたいさんが大物を釣り上げていた。※ストリートアートです。

タイのスワンナプーム空港。タイ文字は優美さと親しみやすさがあってなんだか好きですね。

コレは優先座席のサイン。一番左の包帯を巻いている人の巻きっぷりが見事w
しかもなんだかお坊さんの衣のようでもあり、ついつい目に留まりました。

黒烏龍茶のイチゴフレーバーかな?とオータムナル的話のネタに買ってみたお茶。
違うの。黒龍紅茶だって。なにそれw そして死ぬほど甘いぃいいい(゜д゜)
なぜか「ちば」と「すとろべりー」の平仮名が。レモン味のには「しこく」「れもん」って書いてあった。なぜ千葉ww四国ww

<プーケットリゾート>
プールがジャングルの中を迷宮のように流れるステキリゾート。
しかし、夜中に到着した私がいきなり私が目にしたのは、このどでかい石像なのでありましたw
呪いがかかるだの、夜動くだの、目が光るだの、散々みんなに言われましたがw
下は水着のままお酒が飲めるバー・・のはずですが営業してませんでした。

街の通りはこんな感じ。レストランやマッサージのお店が並んでいます。

<ホスピタリティ>
旅の途中で私が会ったタイ人は温かい印象の人が多かったなぁ。
日本語ペラペラのガイドさん(おばちゃん)はトンボとかチョウの虫写真を撮る人で、ごっついカメラ持ち歩いてるんだけど常にマクロレンズw
類は友を呼ぶ、という言葉が脳裏をかすめるほど、マニアックな話題で話が合いました。
運転手さんも数名お世話になったんだけど、体調崩したメンバーのコメカミに「塗るといいよ」とヴェポラップみたいな軟膏を差し出してくれたり、水くれたり、クッション出して来てくれたり。
子供には特に優しい国のようですので、子連れ旅行の方ならあちこちでより実感するかもしれません。
たまたまそういう人達だったのかもしれないけれど、チップがあるからとかそういうことではなく、おもてなしの心のある国だなぁと感じました。
久しぶりに異文化でたくさんのインプットができた、いい旅でした。

そうそう。今回初めてWi-Fi無線ルータをレンタルして行ったんですよ。これがもうちょー便利!
一日ホテルに缶詰になった日もあったのですが、レターLIVEのタイムシフト見てましたからねw
ちょこっと調べモノするのにも、すぐ日本語でググっちゃえばいいし、ツイッターもスカイプもメールも日本にいるのと変わりなし。
そういうのから逃れて旅をしたければ切ればいいわけですし、いやぁ便利な時代になりましたね。
海外ケータイの手続きをする必要も無かったので、複数人で旅をする場合は多分こっちの方が安いです。

さてっと、お次はレターLIVEですね。
情報量がまたエライ量ありますので、のんびり書いて行きます~ヽ(´ー`)ノ

スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. らいら より:

    Unknown
    おかえりー!
    いい旅だったみたいだねー。よかったよかったw

    タイにたいさんが!?wwww

    俺も遺跡とか見て周りたいなー!なー!

  2. より:

    Unknown
    >タイスタイル
    ふむ

    ワット・アルンの装飾とんでもないな…
    見てるだけで眩暈がしそうだ。

    タイカレーの片鱗はいなばのタイカレーで味わわせられてるわけですが(からいのもうニガテ
    とりにくはだいすきだからなぁ~ からくなかったらたべたくなるなぁ~

    このアジアン宗教が街の随所に施されてる感じ…VIIのウータイをおもいだs…
    あ、そのまんまだわ…

  3. 禿兄 より:

    Unknown
    タイか。いいね。
    ただ、私は飛行機が大嫌いなのでいけないがw

  4. 釣りの人 より:

    Unknown
    タイさん特集(?)ありがとうございましたw
    FFの世界にあってもおかしくないぐらいの独特なデザインの建物が良いですね~ 

  5. おたま より:

    Unknown
    みんな漁師の国の話と聞きまして・・・・。

    とベタな話は置いといて、タイいいですね。
    異文化コミュニケーションはもう、ファンタジーといってもいいくらい素敵です^^

  6. Junoh より:

    Unknown
    タイですか~
    数年前、前の会社の社員旅行で弾丸ツアーに行ったのを思い出しましたw

    あちらのお茶は全部甘いんですよねー
    なので、水がビールをず~っと飲んでました^^;;

    帰ってきたら、体臭とかがパクチーの匂いだったのもいい思い出です(*´∀`)

  7. はざん より:

    Unknown
    猫の顔が面長~( ̄Д ̄)ノ

  8. 蝸牛 より:

    Unknown
    もちろんタイにも数回行ったことのある旅行好きの私が来ましたよ。
    アユタヤには行ったことがないので、うらやま~。

    写真に写ったシンハビールがまぶしい。
    タイメシ、いいね~いいね~。
    東南アジアの殺人的な甘さのペットボトル茶も、久しぶりに飲みたいですw

    タイに行くと屋台メシが多い身としては、あるひゃも次は屋台にも挑戦して欲しいなぁw
    お子さんがいると、そうもいかないか…(汗

  9. アルヒャ より:

    ただいまー
    >らいらち
    いろいろあったけど楽しい旅でしたよ~
    たいさんは見た時「撮らねば!」って思ったw

    >みみみ
    カンボジアとかタイとかのデザインはFFシリーズのアジアっぽいデザインにちょこちょこ使われている気もする
    辛いのがダメだとあんまり食べるモノが無いのよねぃ・・
    あ、フルーツやデザート類は総じてむっちゃ甘い!

    >兄
    よしPみたいだなw
    出張とかどうしてるんだろう

    >たいさん
    タイ日記でたいさんが釣れたので本望ですw
    デザインやり始めた人には面白い国だと思うよ~

    >おたまさん・・ってたまさんかな?
    ちょこっと行っただけでその国のことなんてわからないのでしょうけど、それでも受ける刺激が多いですね

    >Junohさん
    そそ、社員旅行の弾丸ツアーってよく聞くんですよね
    日本の工場も多いからかな
    パクチー美味しいよパクチー! 苦手な人は全然ダメみたいですが

    >はーさん
    このネコいい顔じゃない?
    輪郭が違うね

    >鍋
    おー、さすが タイにも行ってたか
    アユタヤまで小一時間なのに行ってないのか!
    シンハーはさらっとした感じのビールだねぇ、暑い国に合うな
    あのペットボトル茶は・・・お口直しが必要なレベルww

    屋台はねぇ、地元民にも止められたのでチャレンジできなかったのだ(´・ω・`)
    さすがにねw

  10. 禿兄 より:

    Unknown
    時間がない時はあきらめるけど、北海道出張にはトワイライト使ってましたwww

  11. アルヒャ より:

    Unknown
    そこまでやるほどイヤなんですかww