新旧二つのOPを見比べて妄想が暴走中


はい、こんにちは(゜ー゜)ノ

新生OPを見ながらアレコレの謎についてぼんやりと考えていて、
「そういやミドランPTのメンバーって以前のOPに出て来た人達だよね~?」などと昔の旧FF14OP(三国共通のムービー)を引っ張り出して見てみました。

冒頭はミドランとミコッテちゃんとエレ男さんがどこかの酒場でギルドリーヴをやろうとしている場面です。

二年前の旧開発陣のOPなので、多分設定をいろいろ変えて矛盾しているところはあると思うのですが・・。
まず「ここどこよ?」だよねw
酒場の真ん中にエーテライトがある街なんてありませんでしたから。
丸い明り取りの窓がある大屋根、石造りのアーチを思わせる建物、グリと同じ緑色のステンドグラス、あちこちに見える紋章・・・。
一番イメージが近いのは実はイシュガルドなんですよね。
新生正式サービスからしばらくしてからイシュガルドが開放された時、この風景が待っていたらゾクゾクするなぁ。

さて、先日の新生OPでのミドランPTの皆さんを改めて見てみましょう。

んでは旧OPからエレ男さん。

ミコッテちゃん。このOPではサンシーカーですよね。
新生のミコちゃんはムーンキーパー?という説もあるのですが、私はこのOPと連動してサンシーカーと考えてみました。
つまり新生のムーンキーパーのベリラはさらにデカk・・・

主役のミドラン。

若い兄ちゃんという感じです。

新生OPのミドランと比較してみましょう。

こうして見ると、表現がアニメっぽいモノから洋画っぽいリアルさへかなり進化していることが分かります。
光の表現が全然違うな~。肌の色も実写っぽくなってる。
これに比べると旧OPがのっぺりして見えるから凄い。
この二年間で彼も苦労したんやな・・。

ミドランが一枚のギルドリーヴカードを手にした瞬間、おそらく過去視が始まります。
場面は旧FF14の時代から10年前のモードゥナ。
大きな滝が印象的な水と緑に満ちあふれた美しい土地でした。
ミドランはいきなりモルボル討伐PTに入っているようです。

呆然としてピンチのミドランに駆け寄って来てバリアを張りながら守るララ子さん。
この時は呪術士ですね。

多分これが新生OPへの伏線になっているんですよね?(新生ではバリア?を張るのはミコだけども)

他のメンバーはルガさんとエレ女さん。

こうして見るとやはりララ子さんとルガさんは同一人物なのでしょう。
でもなぜ10年前に過去視した人達と巡り会っているのか?
キャラがかぶった?のかエレさんは一人になっていますが、新生OPで登場するエレさんは黒魔。
あえて性別が分かりにくくなっているのも気になっちゃいますw
実は女性の方だったりして?

過去視の中でモルボルを倒した一行でしたが、すぐミドランは帝国のジャガーノートにかっさらわれて(偶然乗ったか?)しまいます。

そこで見たのは一気に暗転した空。
帝国の戦艦アグリウスと幻龍ミドガルズオルムが戦う場面でした。

この二者の相討ちによってモードゥナは死地と化し、黙約の塔が誕生します。

この時、ミドガルズオルムの放った光から蛮神が飛び出して来ます。
これはイフリート。

もう一つ確認できるのはタイタンと思われるごっつい身体。

そしてミドランの意識は再び酒場に戻って来ます。
ここから彼の旅が始まるのですが、どこかの街でララ子さんやルガさんと出会うのでしょうか。
どの場面でもみんな職が異なるのがアーマリーシステムをアピールしているのかな。
最初剣術士だった彼は多分盾に向いていなかったために、戦士固定になったと思われますw
終焉の戦いでは盾を置いて真っ先に突っ込んで行くけどな。

もう一つ気になっているのは、シャーレアンの四人の装備。
マスクとか服の模様とかね。

で、ここから妄想です。
シャーレアンは都市ごと姿を消したと言われているのですが、ダラガブの落下を予測して全員で5年後の未来に避難したのでしょうか。
しかしそこには荒廃したエオルゼアの姿しか無かった。

ヤ・シュトラ「シャーレアンだけ助かったってこれじゃ・・何にもならないのよ!」(※妄想です)

で、過去を変えるべく特使として救世詩盟の四名+ウリエンジェが選出され、時を戻ろうとします・・が。
時神アルジクが願いを聞き入れてくれるのは極々稀なことらしいので、多分気軽にヒョイヒョイ時間移動はできないのです。
そこであのスコープ付きマスク。
あれで時間座標を調べながら精神だけを旧エオルゼアの時代に飛ばします。
ヤ・シュトラさんやサンクレッドさんがヒュンヒュン分身したり、消えたりしたのも精神だけの存在だから。
実体が無い割には戦闘したりもしていますけどね・・w

第七霊災をより多くの人に乗り越えてもらうために、冒険者を鍛え上げ、グランドカンパニーを設立して団結させ、帝国との対立構造を煽って力をつけさせます。
気になるのはエッグハントの季節イベント。タマゴを集めさせてどうやらカメになったらしいけど、第七霊災となんか関係あったのか?
カメと言えば、新生αの動画や生放送でトランキルに出没していたアダマンタスだけど・・。
さらに言えば、「FFのカメ」って言うたらFF5で登場する賢者ギードなんやけど・・。
ルイゾワとギードが力を合わせて世界を守ったか?

シャーレアンの人々が最初に見た第七霊災は十二神の加護もなく、冒険者の団結力も無く、無惨な結果に終わったのでしょう。
ミドラン達をテレポで飛ばした後、総力を結集して祈りまくったのでしょうか。
精神だけの存在だったルイゾワ爺ちゃんがあっさりどっかに飛んで緊急避難、というのもありそうな気がしますw
パワーを使い果たして疲弊しているかもしれないけども。

ヤ・シュトラ、サンクレッド、イダ、パパリモが三国別OPの登場場面に近いところにいるのも引っかかります。
新生の三国別OPも似たような場所から始まるのかな~?

そんなわけで救世詩盟のメンバーの身体に入っていたアザは最初の霊災を超えた時のモノ、服についているのはシャーレアンのマークで新生の時代に実体がいるという目印・・なんてのはどうでしょう。
相変わらずややこしい話だな。
そう思うと、新生OPのサンクレッドさん達が「やっと終わったんだ・・」みたいな表情をしているのも頷けるかなと思うんですよね。

あるいはあのスコープ付きマスクでミドラン達の無事到着を感知したのかも。
「お帰り」っていう表情なのかもしれません。それもいいな!w
謎は全く解けていませんが、本日はそんな感じで(ー`)

スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Unknown より:

    Unknown
    あれってマスクなんですかね?
    方位磁石がついていたりメモリがついていたりするのを見ると、単純に何かの計測器具の様な気がしないでもないですが…
    実は新生世界の地図は彼らが作りました~とか?w

  2. パラレル より:

    うお!
    パラレルワールドの匿名さんです(^^

    すごくいい感じの推測ですね~^^
    当たってるかも!^^

    ただ、シャーレアン達の表情が、もろ手を挙げて大喜びしている感じではないのが気になっています。
    とりあえず、ほっとしているみたいな・・・
    ひょっとすると、この世界を保っていられる時間は限られているんじゃないでしょうか?
    世界が崩壊するその前に冒険者が立ち上がる!
    そのためには、シャーレアン達は犠牲にならなければならない!ぎゃーーーー(TT)
    ・・・妄想しすぎました(^^;

  3. XASH より:

    Unknown
    旧版のストーリーは幻視と過去視が混ざり合っていたので、
    実際にありそうな話ではありますね。

    四人が身につけてる例のアイテムですが、
    やっぱりオレは測量器具に見えますね。
    まあ、確かにマスクと言うかスコープ付いてるんで、
    スカウター的な何かではあると思うんですが。

    続報が楽しみですね!

  4. アルヒャ より:

    (゜ー゜)ノ
    >匿名希望のお客様
    イダが頭に乗っけてたのでマスクのイメージなのかな?って思ったのですが、仰る通り、計測器というご意見の方が多いですw
    実は測量士集団だった?え?GoogleMAPの技術者集団的な?(゜ ゜ )
    あー、でも霊災後の世界調査はきっとやってますよねぇ

    >パラレルさん(違
    とりあえずほっと、という表現は言い得て妙ですね
    まだまだ世界は不安定なのか、バハムートの力を押さえつけていられるのも一定時間だけなのか・・
    帝国もどんどん侵攻して来てますしね
    シャーレアンが犠牲に?(゜ ゜ )
    サンクレッドさんと一緒に世界の果てまで逃げてもいいですかっっ

    >ザッシュさん
    あの装飾品は
    1:エーテルなどの流れ測定用
    2:地図測量用
    3:時間軸を見たり測ったり
    4:バハムートなどの蛮神の位置やパワー測定用
    などなど諸説出て来ました
    スカウターなら4っぽい感じかな?
    できれば我々にもその器械ちょっと触らせて欲しいんですけど!