第4回よしPレターLIVEのおさらい 前半


はい、こんにちは(゜ー゜)ノ
一日中「Answers」の鼻歌が止まりません。皆さんはいかがでしょうか。

現行FF14は終焉を迎え、もう「現行」では無くなりました。
今次元の狭間を飛んでいる(であろう)私達が次に行き着く先は「新生」!
ってなわけで第四回よしPレターライヴをおさらいしつつ、新生情報を溜め込んで行きましょう♪
キャプチャ画像が粗くてスミマセン。

まずはライヴの中で出された質問とその回答のまとめがフォーラムに上がっていますので、そちらのリンクをご紹介。
「第4回 プロデューサーレター LIVE」の動画とQ&Aを公開! (2012/11/19)

さあ、では最初から見てみましょうか。
まずは前説でダラガブを止められずにボロボロになったソケンさんともっちさんがチラリとご挨拶。
その後、本番スタート。
冒頭から終焉のムービーが再生されます。
終了後、よしPとモルボルさんが登場し、まずログイン障害に関するお詫びを述べました。
今日は現行最後の日ということで、スタッフ全員スーツ着用で臨んだとのこと。

ムービーではついにトップシークレットだった「ダラガブの内部にはバハムートが封印されていた」事が明らかにされました。
月下の闘いでネールさんがメガフレアを撃つのも伏線ですし、他のクエストにもいくつかヒントが仕込んであったそうです。今度探さなくちゃ。
そして、同じくシークレットであった「大迷宮○○○」というコンテンツ名も「大迷宮バハムート」であると発表されました。
大迷宮バハムート
・新生のレイドコンテンツで最も難易度が高いものとなる。
・あの後ルイゾワがどうなったのか、祈りが届かなかったように見えた新生の世界がなぜあの状態から再生されたのか、これらの謎がコンテンツをクリアしていく過程で分かるようになる。
・最後にバハムートとの対決が待っているのかどうかもお楽しみに。

αテストの風景が映し出されます。
グリダニアのエーテライトからカーラインカフェへ向かうところ。
キャラ表示数はαテスト現時点で100名以上は表示出来ているとのこと。

Q:ヒルディブランドは新生でも登場しますか?
A:もちろん。好評をいただいたキャラクターなので、新たな事件に彼なりに立ち向かって行くんじゃないか。彼がどうやって戻ってくるのかもお楽しみに。

(αテスト画面)青い点線がエリアチェンジポイントのようです。
次のエリアへのローディング時間は街から外へ出るのが2秒くらい、街の外でのマップ切り替えが4秒くらいでしたね。ストレスを感じません。

Q:新生開始時に一回だけの名前変更は可能ですか?
A:ギリギリまで検討中だが、今のところ行けそう。

Q:キャラクターの胸は揺れますか?
A:業界用語に詳しい方なら「ボーンが入っている」と言えばお分かりになるのではないか。モーションをするための骨なので動かす、ということ。今(αテスト)も奥ゆかしい動きではあるが、若干揺らしている。種族に合わせて調整している。テスターの方は「もうちょっと」なのか「こんなもんでいい」なのかフィードバックを下さい。

Q:マウントの詳細を教えて下さい。魔導アーマーなど。戦闘でも使えるのか?
A:今のところ戦闘は出来ない。が、魔導アーマーに関してはチョコボ同様、人気があることもあり、いろいろなアイデアが出ている。他のマウントよりは特別扱いするかもしれない。

ここでマウント:クァールのデモ紹介。これに鞍がついて乗れるようになるらしい。
マウントは豊富に揃えられるようになるようです。

Q:盾と白の役割の重さは見直されるのか?
A:新生やFF14に関わらずMMOにおいて両者は重要な役割にある。もちろんアタッカーが重要でないとは考えていない。そういう基本的な考え方に変わりはない。
αテストも今後人員を増やすし、βでも触ってもらえるので、そちらでフィードバックをいただければ。

Q:コンテンツファインダーの役目は?
A:いろいろなコンテンツが平行して複数あるので、旬のコンテンツに集中するというイメージではない。行きたいコンテンツに行きやすくするための仕組み。

Q:ソロ・少人数でもそれなりの難易度のコンテンツは出来るか?
A:レイドに関しては8人。ダンジョンに関しては4人のものもある。ただLv50になってからは基本的にはフルPTという考え方になっている。教練のようなコンテンツは4人でも遊べる。
ただ人数にこだわらないコンテンツも用意している。

FATE(フルアクティブタイムイベント)
・カジュアルに集まって大人数でも出来るコンテンツ。
・(例)NMがポップするとゾーン全体に告知が出る。人が集まると自動的にPTが編成される。みんなでワーワーアタックして、報酬をもらえば解散。
・NM討伐・ハムレット防衛・チョコボ護衛など、いろんなことがいろんな場所で起きる。
・今後の広報のメダマになりそうなバリエーションの多いコンテンツ。
・βから本格的にシステムを実装。αでも負荷試験的にやるかも。

Q:マテリアシステムはどう変わりますか?
A:マテリアの数値ゆらぎを無くして、上限に揃えられる。禁断の確率も上げる予定。もうちょっとカジュアルに使えるようにしようかという案も。

Q:モンクのコンセプトはどう変わりますか?
A:モンクに限らず、各クラス・ジョブの基本ステータスは大幅に変わる。全体的なバトルシステムを変えているので、βからはガラリと変わる。

(αテスト画面)オートマッピングの説明が入りました。
最初は白地図で、移動するごとにマップが開いていく様子が見られます。開くエリアや広さはなんとなくオフゲーFFシリーズのイメージ(FF12とか)と似ているかな?
探索関連だと思いますが、ディスカバリー要素、と呼んでいました。アチーブメントも連動しているようです。

巷で噂のキャンプ:トランキルへ到着。
風景が美しいことでなぜか話題になっております(・w・)
確かに森を抜けた美しい沼地?で空が一気に開けていますね眺めがとても良さそう。
カメ(アダマンタス)がいるのはここのようです。
よしPの使っているPCはグラフィックス最高設定にしてあるそうですが、サクサクグリグリ快適に動いていますね。
テスターからは、これだけ人数が集まっているとさすがに表示制限になっているのではないか、という指摘があったそうです。

Q:ギャザクラ専用のコンテンツはありますか?
A:ギャザクラ活動そのものが専用コンテンツだと思っているので、コンテンツは無い。だが、ハウジングが結果的にそういうものになるのではないか。特殊な屋根を作るとか、特殊な素材を採って来るとか。

フリーカンパニークラフト
・ハウジングのアップデートとして導入予定で、クラフターが共同で船を作るようなイメージ。

Q:新マーケットシステムの詳細を教えて下さい。
A:リテイナーシステムを0から新たに作り直した。競売の機能を含む。自分のリテイナーと気に入ったリテイナーだけを呼び出すイメージ。マテリア付きのアイテムやHQも検索可能。βから実装。

ここでレターは前半終了となります。
文章も長くなって来たので、本日はここまで。次回後半の模様を書きますね。
というか後半の方がめっちゃ長いんですよね・・・。
→ 第4回よしPレターライヴのおさらい 後半

スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 禿兄 より:

    Unknown
    おまとめ、ご苦労様です。
    時間の都合で後半だけみたけど、前半はこんな感じだったのね。
    αテストも上々にいってるようだし、CBTが楽しみですな。

  2. アルヒャ より:

    ほいさ
    >禿兄
    ありがとー(゜ー゜)ノ
    前半見逃した人が結構多いようだ
    年内はずーっとαみたいだし、どの辺りから参戦出来るかのう~